H's-Style

hanahiro21.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 06月 17日

Adjustment


c0351369_17130729.jpg

渓流用にチューニングを続けてきたアンバサダー2500C。
想像以上のポテンシャルに満足????  いやいや・・・、とんでもない暴れん坊になり過ぎて今の私には使いこなせない1台となってしまった。
時には後ろに戻ることも必要なのだ。


今回は自作ミノーのテストを兼ねていた。
目指すは渓流の複雑な流れでもネチネチと誘いが出来て、ブリブリと波動を出すフローティングミノー。 

テスト結果は上々。 
グラスロッドとの相性も良く、飛行姿勢、飛距離、水噛み具合、深度、動きは理想に近い状態で満足の出来る仕上がりとなった。
このブランクにアルミのギラギラ感と繊細なカラーリングが加われば、無意識にニタニタとしてしまうミノーの完成だ

 
c0351369_17134287.jpg

自宅には作りかけのブランクが数十本。
渓流用のミノーはアルミ貼り、カラーリングの工程に進むことが可能となったからシーズン中には数本完成させよう。
ブリブリ・ネチネチでアマゴを魅了するのが楽しみになってきたぞ~~。

そうそう、本流用のブランクも数本あるから、こちらも作業を進めて近日中にテストをしてみようかと思案中。 
本流用もシーズン中に完成させたいと思うけれど、焦って作業を進めるのは厳禁。 コツコツとテストを繰り返し満足出来うる1本に仕上げたいね。


c0351369_17253989.jpg



[PR]

by hanahiro21 | 2018-06-17 21:46 | Fishing gear | Comments(4)
Commented by 山猿 at 2018-06-19 22:14 x
ハンドメイドミノーの世界は泥沼と聞きます。
遂に沼にはまりましたか。楽しみですね。
自分のミノーで釣るのは感動が違うでしょうね。

Commented by hanahiro21 at 2018-06-21 06:56
山猿さん
泥沼にハマるのは何度めか⁈ 笑
初めて泥沼に浸かっのはブラックバスにのめり込んでた高校生時代。
自分で作ったミノーでバスを連発した時はモノ凄く嬉しかったことを覚えてます。
繊細さが要求されるトラウト用ミノーの作製に熱くなってます。
Commented by tadapy at 2018-06-22 11:30 x
ハナヒロさん、こんにちは。
やっとアンバサダーが出てきたと思いきや
ルアー作ってる!
いや~!いいですね!
バルサ感激です!
私は只今、ルアー釣りの大きな壁に当たっております(汗)
でも、楽しんでおります。
Commented by hanahiro21 at 2018-06-24 20:27
tadapyさん
アンバサダー…、改造費はパーツの誤発注もあったりして国産高級リールが買えるレベルです。涙
ハンドメイドミノーですが、ワタシがどうしても欲しいと感じるフローティングがないので、
どうせならば作ってしまおうと思った次第。完成が楽しみです。

ルアーの壁にぶつかってる⁈
ワタシも常に壁にぶつかってますよ。 兎に角、楽しむことが大事〜。笑


<< 南信の川へ      谷巡り >>