H's-Style

hanahiro21.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 08月 20日

CARDINAL33

c0351369_15525524.jpg

土曜日は近場の河川に午前限定の釣行を計画していたが、金曜日の豪雨により目的の河川は水位が急上昇し遡行するのは危険な状態と
なってしまった。
さらに微熱が数日続いていたので釣行は断念。
鞭打って早起きするよりも、いつもよりたっぷりと遅くまで寝て身体を休めるのが良いに決まっている。

体調が良くなってきたところで愛機の軽いメンテナンスと修理。


c0351369_15531494.jpg

c0351369_15530406.jpg

交換用パーツが届いて以来なかなか手を付けることが出来なかったカーディナル33。
まずは軽いメンテナンスとして砂や銀粉を除去。 そして、真っ黒に汚れたグリスを拭い去りフレッシュなグリスとオイルを各パーツに注入。
そんなに酷使していないのに汚れやゴミって結構溜まるもんなんですね。。。。


軽いメンテナンスを終えたあとは、ようやくパーツ交換。
ベールスプリングの破損によりベールが戻らなくなってしまった愛機に新しいスプリングを装着してベールの返り具合を確認。

あれれれ?
ベールがスムーズに返らないぞ・・・・。 
どうした?? 
ベールスプリングを入れ間違えたのか??? 

今回修理したカーディナル33はベール返りの衝撃が小さく釣りのリズムが自然と良くなる1機。
柔らかなベール返りにするために前回のチューニング時と同様にスプリングの突起を奇麗に処理したり、ベールアームのねじ込み具合を
調整したりと、あれやこれやと問題点を探りながら調整を試みる。


c0351369_15532716.jpg

調整を始めてから約1時間。諦めかけた頃にようやく解決策を見つけ出す。

ラインローラー下のベールナットの締め圧がベールアームの動きに関係している様子で、締めすぎてしまうとベールがスムーズに返らず、ナットを
少し緩めると今までと同じく小さな衝撃でスムーズにベールが返ってくる。 
締めすぎるとベールアームに歪みが生じてスムーズな動きにならないのか・・・。

これが正しいセッティング方法なのかは今のところ分からないが、今までと同じ状態になったことに胸をなでおろした。


クラフトマンシップが強く感じられる逸品カーディナルは個体差があると言われている。
私は復刻版と呼ばれるカーディナルを2機所有しているが、ベールアームの角度、ギアの噛み具合、ハンドルフィーリングなどは同じではない。
ベールの返りに関しては、もう一台のカーディナル3はバチンッ!! と強い衝撃でベールが返るときがある。
ストレスを感じる場面があるけれど、これらもカーディナルの味の一つなんだろうね。

洗練された飽きのこないデザインとメンテナンスが行いやすいカーディナル。 
小さくても心強い私の大切なパートナーなのだ。







[PR]

by hanahiro21 | 2017-08-20 19:09 | Fishing gear | Comments(2)
Commented by 山猿 at 2017-08-20 19:53 x
大切なパートナーが綺麗になって良かったですね。
けっこう汚れるもんなんですね。

微熱は大丈夫ですか?
豪雨は、ゆっくり休みなさいと神様が
降らしたのかも知れないですね。

Commented by hanahiro21 at 2017-08-21 12:25
山猿さん
こんにちは。
愛機の修理メンテナンスを終えてホッとしております。
新しいラインを巻いたので次回の釣行のパートナーは
写真のリールで楽しもうと考えてます。

微熱はまだ続いてます。
今日は早めに仕事を切り上げて病院に行きます。
疲れが出たんでしょうね。苦笑


<< 坂のある街      束の間 >>