H's-Style

hanahiro21.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 06月 05日

木曽へ

c0351369_08441856.jpeg

3年振りに訪れた木曽川。
記憶に新しい御嶽山の噴火、漁協の衰退、入漁料の値上げ、渓魚の不漁など明るい話題が少なくなってしまったが、木曽の重厚な流れの中には
この川独特の色合いと個性的なパーマークを浮かべたアマゴたちが命を繋いでいる。
そんなアマゴたちに出会いたくて木曽へと車を走らせた。

今回も木曽に精通されている Fさんの案内で釣り歩く。
長年にわたり木曽の流れと魚たちを見守り続けてきた Fさんは一見強面だけれど、きめ細やかな心遣いと懐の広さに会うたびに心を動かされてしまう。

開始早々から小さな見覚えのある複数の影がミノー後方に度々現れては消えて行く。 
時には左右に素早く切り返しバイトのタイミングを計るアマゴが現われるが、私のイメージ通りにミノーを捕えることはなかった。
しかし、今回は渇水などの諸状況から厳しい釣りになると予想していたので、これはとても嬉しい状況だ。
良い1日になるかもしれない・・・期待に胸が高鳴る。


c0351369_11410684.jpg

最初の区間ではアマゴよりもイワナたちの活性が高くイワナのチェイスとバイトが続いた。
ズシリと重い引き心地は気持ち良く、グラスロッドをギュ~ンと絞り込んでくれる。本命のオサカナではないけれど、多くの魚影とボウズを逃れた
こともあり気持ちが楽になった。

振り返ると Fさんが安堵した表情を浮かべていた。


c0351369_11411909.jpg

c0351369_11413217.jpg

日が昇るにつれてアマゴの活性が上がり Fさんも私もポツポツとバイトを拾いネットに収めて行く。
どのアマゴも木曽らしい個性的な体色とパーマークを浮かべている。 木曽のアマゴたちをカメラで撮影したいのだけれど、目の前に広がる木曽の
多種多様な流れにも心惹かれてしまいカメラを出すのをついつい忘れてしまう。

木曽の流れと同じように、楽しい時間がゆったりと流れ始めた。


c0351369_08442831.jpeg

初めて Fさんに木曽川を案内してもらったときは、慣れ親しんできた長良川水系と同じ釣り方で挑んだ。
しかし、長良川水系より遥かに大きな底石がゴロゴロと転がっていることによって生まれる強くて複雑な太い流れにルアーを入れることが出来ない。
ゆったりと流れているように見えるが、流れの押しは想像以上に強くてダウンでルアーを入れても弾かれてしまう。
さらに魚の付き場も長良川水系と異なり、それまでの経験から得た知識と自分なりのデータは木曽の前では全く無力で、今までとは全く違った環境に
戸惑い、打つ手もなく釣りらしい釣りをすることが出来ず散々な結果となってしまった。

それ以来、様々な流れで釣りを楽しみ、偏りかけてた私の釣りに奥行と幅を作ることを心掛けてきた。
今日は木曽の流れに合わせたルアーを持ち込み、キッチリと目的のレンジまでルアーを送り込んで木曽の魚の反応を得られている。
たとえルアーを見切られたり、バラしたとしても心に余裕があるから冷静に対応、修正が出来ている。


c0351369_11414360.jpg

でも、私に釣れるアマゴは小型が多く Fさんは良いサイズのアマゴを連発する。
Fさんが良いアマゴを掛ける度に羨望の眼差しで Fさんを見てしまう。

『 ん・・・、まだまだ私は甘いってことだ。(笑) 』

その後、思わず眉間にしわを寄せてしまう魚が数匹出たけれど、ようやく納得の出来る獲り方で良いサイズのアマゴをネットに収めることが出来た。


c0351369_11431950.jpg

H:『 Fさん、どう? 木曽らしいアマゴじゃないですか?? 』

F: 『 やりましたね~。いいアマゴですよ。木曽らしいですよ。』

ネットに収めたアマゴを熟視する。
大きく発達したヒレ、肉厚な魚体は木曽の強くて太い流れを表現している。 
ホント、いいアマゴだ。
木曽らしいアマゴをネットに収めたあとに、嬉しい言葉を Fさんがかけてくれるので何だか心が満たされてしまった。

手早く撮影の準備に取り掛かると、同じポイントで Fさんも良い魚を掛ける。
私が掛けたアマゴと Fさんが掛けたアマゴを並べて撮影。


c0351369_11425493.jpg

c0351369_11430500.jpg



私が掛けたアマゴは鮮やかな朱点が印象的。
そして、Fさんが掛けたアマゴは朱点が少なく朱点は淡い色合い。 写真では分かり難いのだが、体色にも違いがあり居着きのアマゴは川底の石と同じ
色合いで体色が濃い。 Fさんのアマゴはグレー系の体色。
さらに観察を進めるとヒレの大きさや色合い、体型など様々な違いを見つけ出すことが出来た。
Fさんの話では、私が掛けたアマゴは居付き型で Fさんが掛けたアマゴは遡上系だそうだ。

木曽のアマゴで興味深い点の一つとして、木曽川は幾つかのダムによって流れが遮られているので、区間によってアマゴに特徴があるそうだ。 
私の周りには、木曽に精通された方が数名居てアマゴの写真を見ただけでどの区間のアマゴなのか判別が出来ている。
もちろん Fさんもだ。
さらに、区間毎のアマゴの性格や行動パターンも理解されているから、その話を聞く度に驚きで声を失ってしまうことがある。
観察力に劣る私は区間毎のアマゴの特徴や性格、行動パターンを掴むことは出来ないだろう。

その後も二人で途轍もない大石が転がる木曽を釣り歩き釣果を重ねた。
アマゴの反応が全く感じられない区間もあったけれど、なぜこの区間から魚の反応を得ることが出来なかったのだろうと考える。
例え目的の魚が釣れなくても、それも釣りの大切な工程なんだ。

今回は曇り空の下だったので、体力の消耗も少なく快適な釣りとなった。
お互い気持ちが満たされたところで気持ち良く納竿。


木曽に来る度に実感するのは、重厚な流れで魚がさほど釣れなくても楽しい。 それは、木曽独特の空気が心を安らかにしてくれるからに違いない。
もちろん、心強い釣友が居るからこそ楽しいのだけれどね。
あと・・・、今回も懲りずに反省してしまったのだけれど、相変わらず " 私の釣りは偏りが激しい” んだよね・・・。
おそらく、すでにFさんは気が付いているはずだ。(笑)


Fさん、木曽の楽しい時間をありがとうございました。
これからは、蒸し蒸しとする季節になりますが、大物の季節突入でもありますね。
肩の力を抜いて楽しみましょう!!


さて、今回の釣行では心温まる出来事があった。
お昼近くに釣りを終えて移動の準備をしていると、地元のお婆ちゃんが見ず知らずの私たちに近寄り

『 これ食べなさい。 』 

と、朴葉巻きを渡し恥ずかしそうにしながら足早に立ち去って行った。


c0351369_11420496.jpg
c0351369_11421557.jpg

ちょうどお腹も空いてたこともあり、朴葉巻きをガブリと食べると朴葉の香りが染み込んだモチッとした食感の後に広がる餡子の程良い甘さに
頬が緩む。  
手作りの素朴な味わい。 これは美味い!! なんて美味いのだ。 もう1個食べたくなる美味さだ。

帰宅後、ネットで朴葉巻きを詳しく調べてみると、朴葉巻きは木曽の郷土料理で初夏の訪れを告げるお菓子。
こねた米粉で小豆餡を包み、朴の葉でくるんで蒸しあげたもの。 出来立てよりも、朴葉の香りが餅に染み込んだ翌日以降が食べ頃らしい。
しかし、朴葉巻きを楽しめるのは、朴葉の若葉が採れる5月中頃から7月中頃までの2ヶ月間と短い。

久し振りに美味い郷土料理に出会ってしまった。
密かに朴葉巻きが楽しめる7月中頃までにもう一度、木曽への釣行を計画している。


[PR]

by hanahiro21 | 2016-06-05 22:52 | Fishing (Other) | Comments(4)
Commented by 山猿 at 2016-06-06 19:10 x
木曽にこられたんですね。
私にタナビラは難しいです。
それに区間でタナビラに違いがあるとは、
全く知らなかったです。勉強になりました。
朴葉まきは各家庭でも作っているので
そのおばあちゃんのハンドメイドかも知れないですね。
Commented by F at 2016-06-06 22:29 x
Fです、本当に釣りを楽しむ事ができ、田舎のやさしさにも出合い、最高に楽しい1日でしたね!

例のラパラはこれまた最高でしたね!
Commented by hanahiro21 at 2016-06-07 21:37
山猿さん こんばんは。
はい。木曽にお邪魔しました。
木曽の本流、支流の流域面積は広大です。 本流の区間や各支流のアマゴにもそれぞれ違いがあると思います。
その違いを見つけ出すのも楽しい事柄だと思います。
朴葉巻き。地元のお婆ちゃんから手渡しをされたときは、朴葉寿司かと思いました。開けてビックリ、食べてビックリ
でした。(笑)
Commented by hanahiro21 at 2016-06-07 21:43
Fさん  こんばんは。
あらためて先日はありがとうございました。
とても充実した1日となりました。 また、木曽の空気に触れに行きますので、その際は宜しくお願いしますね。
次回ものんびりとやりましょう!! 
ラパラ・・・・釣れましたね。(笑) サイズによるアピール力、レンジキープ力はズバ抜けてると思います。
今回はお子様サイズでしたので撮影はしませんでした。 他河川でも試してみますね。
納得のサイズが獲れれば、ここに掲載する予定です。


<< 肩肘張らずに      成 長 >>