H's-Style

hanahiro21.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 05月 10日

Which one shall I choose?

c0351369_15290463.jpg

以前は多種多様なルアーを持ち込まないと不安でしたが、最近私が持ち歩くルアーの個数はこれだけ。

私が現場に持ち込むルアーを選ぶ基準は? と問われると・・・

『今日はこのルアーで釣りたい。』

というのが一番。

釣果を伸ばすためにはレンジ、アクションが異なるルアーを揃え、さらにカラーも数色揃えておくのが良いに決まっている。
でも、私の場合多くのルアーを携行しても実際に使用するルアーは数個のみ。
ならば携行するルアーを絞り込んでしまえば、迷いもなくなりジックリと魚と向き合うことが出来るという訳だ。


c0351369_15544705.jpg


連休明け直後の土曜日。
ボウズ覚悟の釣行ではあったが、各ポイントからは季節を勘違いしてしまうようなアマゴたちがロッドを撓らせてくれた。

ここぞというポイントにはアマゴの姿。
見切りの早い神経質なアマゴもいたが、ミノーを追うスピード、ミノーの捕え方は文句の付けようがない。
時にはバラしてしまうこともあったが、なぜか ” バラしても嬉しい。腕を上げなきゃね・・・。”
何て思えてしまう。

c0351369_15553527.jpg
c0351369_15551009.jpg


夏が楽しみになるアマゴたち。
素晴らしい体腔、筋肉質な体格。
全てがパーフェクト!! と呼べるアマゴに満足。


c0351369_15542435.jpg

写真の瀬、携行しているミノーの数が少ないから選択の決断が早い。
手持ちのミノーからこの流れにふさわしいものを結び、瀬の中の石を舐めるようにヌメヌメっと泳がせる。


c0351369_15540070.jpg

流れが緩む石裏でバイト連発。

釣友からは、
『 えっ!? ラパラでアマゴ?? 』
『 飛ばないでしょ?? 』
『 渋いね~。』
なんて言われる。 
でも、立ち上がりの早さ、水噛みの良さ、僅かな流速でもブルブルと泳ぐ優れた遊泳力。
キャストフォームを見直すためにも、私にとっては頼りになるミノーなんです。

ヘビーシンキング全盛期の今、一つでも良いです。
フローティングミノーをボックスに忍ばせ使ってみて下さい。
いつもとは違う反応が得られると思いますよ。


c0351369_15555357.jpg



釣りが楽しくなってくると携行ルアーが少ない時は不安な気持ちになる。
” あのルアーがあったら・・・。手持ちのルアーでは目の前の流れを上手く攻略出来ないよ・・・。” 
なんて時がある。

そんな時は、” 今日の私では攻めることが出来ない魚と流れなんだ " と早々に見切りを付けて新たなポイントに移動する。
決断が早ければ多くのポイントに入ることが可能となり、新たな発見、チャンスが増える。
お気に入りのルアーのみでも良い、ギュッと絞り込んだ手持ちのルアーを駆使して色々と工夫しながら釣ってみよう。

本格的なシーズンを迎えた今、自分の持っているルアーとジックリと向き合ってみてはいかが?


[PR]

by hanahiro21 | 2015-05-10 20:18 | Fishing (Other) | Comments(1)
Commented by たまやん at 2015-05-17 17:42 x
そうなんですよね、今はヘビーなミノーが当たり前で使わなくなった軽量ミノー達ですが、本当にキビキビと動く良さを忘れてる自分があります。
で使わないミノーもですが、スピナー、スプーンが死んでます。
これらも使わないといけませんね、あるルアーマンがスピナーで恐ろしい釣果を出してました!
ルアーで楽しむ釣りは、いろいろなルアーで釣る事も楽しみでかと思います!
餌つりなんて多種の餌を使いますからね!
ラパラでの釣果素晴らしい!
Commented by hanahiro21 at 2015-05-17 20:31
> たまやんさん
確かにヘビーシンキングは釣れます。
でも、アマゴって結構水面を意識していますよね。水面を意識しているアマゴを見つけた時は、ノーマルシンキング、またはフローティングミノー、時には軽量スプーンで攻略しています。
水面直下の釣りは興奮します。アマゴの活性が高いときは、着水と同時にバイトなんてこともあります。
あとスピナーは夏の渓流で使う時がありますが、糸ヨレが発生するのが難点・・・。
糸ヨレしないスピナーも販売されていますが、イマイチ買う気になれません。




<< 初めての川へ  ~北陸河川~      GW 2015 >>