2016年 06月 05日

木曽へ

c0351369_08441856.jpeg

3年振りに訪れた木曽川。
記憶に新しい御嶽山の噴火、漁協の衰退、入漁料の値上げ、渓魚の不漁など明るい話題が少なくなってしまったが、木曽の重厚な流れの中には
この川独特の色合いと個性的なパーマークを浮かべたアマゴたちが命を繋いでいる。
そんなアマゴたちに出会いたくて木曽へと車を走らせた。

今回も木曽に精通されている Fさんの案内で釣り歩く。
長年にわたり木曽の流れと魚たちを見守り続けてきた Fさんは一見強面だけれど、きめ細やかな心遣いと懐の広さに会うたびに心を動かされてしまう。

開始早々から小さな見覚えのある複数の影がミノー後方に度々現れては消えて行く。 
時には左右に素早く切り返しバイトのタイミングを計るアマゴが現われるが、私のイメージ通りにミノーを捕えることはなかった。
しかし、今回は渇水などの諸状況から厳しい釣りになると予想していたので、これはとても嬉しい状況だ。
良い1日になるかもしれない・・・期待に胸が高鳴る。


c0351369_11410684.jpg

最初の区間ではアマゴよりもイワナたちの活性が高くイワナのチェイスとバイトが続いた。
ズシリと重い引き心地は気持ち良く、グラスロッドをギュ~ンと絞り込んでくれる。本命のオサカナではないけれど、多くの魚影とボウズを逃れた
こともあり気持ちが楽になった。

振り返ると Fさんが安堵した表情を浮かべていた。


c0351369_11411909.jpg

c0351369_11413217.jpg

日が昇るにつれてアマゴの活性が上がり Fさんも私もポツポツとバイトを拾いネットに収めて行く。
どのアマゴも木曽らしい個性的な体色とパーマークを浮かべている。 木曽のアマゴたちをカメラで撮影したいのだけれど、目の前に広がる木曽の
多種多様な流れにも心惹かれてしまいカメラを出すのをついつい忘れてしまう。

木曽の流れと同じように、楽しい時間がゆったりと流れ始めた。


c0351369_08442831.jpeg

初めて Fさんに木曽川を案内してもらったときは、慣れ親しんできた長良川水系と同じ釣り方で挑んだ。
しかし、長良川水系より遥かに大きな底石がゴロゴロと転がっていることによって生まれる強くて複雑な太い流れにルアーを入れることが出来ない。
ゆったりと流れているように見えるが、流れの押しは想像以上に強くてダウンでルアーを入れても弾かれてしまう。
さらに魚の付き場も長良川水系と異なり、それまでの経験から得た知識と自分なりのデータは木曽の前では全く無力で、今までとは全く違った環境に
戸惑い、打つ手もなく釣りらしい釣りをすることが出来ず散々な結果となってしまった。

それ以来、様々な流れで釣りを楽しみ、偏りかけてた私の釣りに奥行と幅を作ることを心掛けてきた。
今日は木曽の流れに合わせたルアーを持ち込み、キッチリと目的のレンジまでルアーを送り込んで木曽の魚の反応を得られている。
たとえルアーを見切られたり、バラしたとしても心に余裕があるから冷静に対応、修正が出来ている。


c0351369_11414360.jpg

でも、私に釣れるアマゴは小型が多く Fさんは良いサイズのアマゴを連発する。
Fさんが良いアマゴを掛ける度に羨望の眼差しで Fさんを見てしまう。

『 ん・・・、まだまだ私は甘いってことだ。(笑) 』

その後、思わず眉間にしわを寄せてしまう魚が数匹出たけれど、ようやく納得の出来る獲り方で良いサイズのアマゴをネットに収めることが出来た。


c0351369_11431950.jpg

H:『 Fさん、どう? 木曽らしいアマゴじゃないですか?? 』

F: 『 やりましたね~。いいアマゴですよ。木曽らしいですよ。』

ネットに収めたアマゴを熟視する。
大きく発達したヒレ、肉厚な魚体は木曽の強くて太い流れを表現している。 
ホント、いいアマゴだ。
木曽らしいアマゴをネットに収めたあとに、嬉しい言葉を Fさんがかけてくれるので何だか心が満たされてしまった。

手早く撮影の準備に取り掛かると、同じポイントで Fさんも良い魚を掛ける。
私が掛けたアマゴと Fさんが掛けたアマゴを並べて撮影。


c0351369_11425493.jpg

c0351369_11430500.jpg



私が掛けたアマゴは鮮やかな朱点が印象的。
そして、Fさんが掛けたアマゴは朱点が少なく朱点は淡い色合い。 写真では分かり難いのだが、体色にも違いがあり居着きのアマゴは川底の石と同じ
色合いで体色が濃い。 Fさんのアマゴはグレー系の体色。
さらに観察を進めるとヒレの大きさや色合い、体型など様々な違いを見つけ出すことが出来た。
Fさんの話では、私が掛けたアマゴは居付き型で Fさんが掛けたアマゴは遡上系だそうだ。

木曽のアマゴで興味深い点の一つとして、木曽川は幾つかのダムによって流れが遮られているので、区間によってアマゴに特徴があるそうだ。 
私の周りには、木曽に精通された方が数名居てアマゴの写真を見ただけでどの区間のアマゴなのか判別が出来ている。
もちろん Fさんもだ。
さらに、区間毎のアマゴの性格や行動パターンも理解されているから、その話を聞く度に驚きで声を失ってしまうことがある。
観察力に劣る私は区間毎のアマゴの特徴や性格、行動パターンを掴むことは出来ないだろう。

その後も二人で途轍もない大石が転がる木曽を釣り歩き釣果を重ねた。
アマゴの反応が全く感じられない区間もあったけれど、なぜこの区間から魚の反応を得ることが出来なかったのだろうと考える。
例え目的の魚が釣れなくても、それも釣りの大切な工程なんだ。

今回は曇り空の下だったので、体力の消耗も少なく快適な釣りとなった。
お互い気持ちが満たされたところで気持ち良く納竿。


木曽に来る度に実感するのは、重厚な流れで魚がさほど釣れなくても楽しい。 それは、木曽独特の空気が心を安らかにしてくれるからに違いない。
もちろん、心強い釣友が居るからこそ楽しいのだけれどね。
あと・・・、今回も懲りずに反省してしまったのだけれど、相変わらず " 私の釣りは偏りが激しい” んだよね・・・。
おそらく、すでにFさんは気が付いているはずだ。(笑)


Fさん、木曽の楽しい時間をありがとうございました。
これからは、蒸し蒸しとする季節になりますが、大物の季節突入でもありますね。
肩の力を抜いて楽しみましょう!!


さて、今回の釣行では心温まる出来事があった。
お昼近くに釣りを終えて移動の準備をしていると、地元のお婆ちゃんが見ず知らずの私たちに近寄り

『 これ食べなさい。 』 

と、朴葉巻きを渡し恥ずかしそうにしながら足早に立ち去って行った。


c0351369_11420496.jpg
c0351369_11421557.jpg

ちょうどお腹も空いてたこともあり、朴葉巻きをガブリと食べると朴葉の香りが染み込んだモチッとした食感の後に広がる餡子の程良い甘さに
頬が緩む。  
手作りの素朴な味わい。 これは美味い!! なんて美味いのだ。 もう1個食べたくなる美味さだ。

帰宅後、ネットで朴葉巻きを詳しく調べてみると、朴葉巻きは木曽の郷土料理で初夏の訪れを告げるお菓子。
こねた米粉で小豆餡を包み、朴の葉でくるんで蒸しあげたもの。 出来立てよりも、朴葉の香りが餅に染み込んだ翌日以降が食べ頃らしい。
しかし、朴葉巻きを楽しめるのは、朴葉の若葉が採れる5月中頃から7月中頃までの2ヶ月間と短い。

久し振りに美味い郷土料理に出会ってしまった。
密かに朴葉巻きが楽しめる7月中頃までにもう一度、木曽への釣行を計画している。


[PR]

# by hanahiro21 | 2016-06-05 22:52 | Fishing (Other) | Comments(4)
2016年 05月 21日

成 長

c0351369_15314939.jpg


久し振りに息子と釣行。
息子が中学生になれば釣行する機会が増えるかと期待をしていたが、週末は塾の宿題と部活で忙しくて一緒に釣行する時間をなかなか
得ることが出来なかった。

今回の釣行先は私が生まれ育った故郷の川。
私が川遊びを楽しんでいた幼少期に比べ渓相は随分と変わってしまったが、息子と故郷の川を釣り歩くのは小さな夢だった。

今日は私の小さな夢が実現する。 
私も息子もウキウキ気分で釣り開始。
息子の目標釣果はアマゴ3匹。


c0351369_15412384.jpg

おっ!! いきなりヒットですか!?  仕事が早いですね~。
しかし、ヒットしたのは故郷の川らしい透き通るような魚体のアマゴではなく養殖のアマゴさん。
私は複雑な心境だけれど息子はボウズを逃れたことにホッとしている。

息子が 1匹釣り上げたところで私もロッドを振ってみるが、流れの中からは養殖アマゴさんばかりが勢いよく飛び出してくる。
ミノーを勢いよく追ってくれるんだけど、アマゴの背中の色で養殖アマゴさんと瞬時に判断出来てしまう。
故郷のアマゴは何処に潜んでいるのだ??


c0351369_14040971.jpg

ルアーを引きやすいポイントはすべて息子にチャレンジをさせる。
昨年はキャストからミノーにアクションを付けることすべてが上手く出来ずに悔しい表情を浮かべていた息子。
今はキャスト、ミノーの引き方などの動作が板についてきている。

チェイスやバラシを繰り返しているうちに 2匹目、3匹目と、目標の数のアマゴを釣り上げたがすべて養殖アマゴさん。
目標の数を揃えた直後は笑顔を浮かべていたがすぐに表情が曇った。


c0351369_14042461.jpg
c0351369_14052090.jpg

故郷のアマゴは透き通るような魚体と判然に浮かび上がる群青色のパーマークがとても美しい。
どうやら息子は私が釣り上げたヒレピンの故郷のアマゴに出会いたいようだ。

去年までは自分には出来ない、無理と言ってあまり努力をしなかった息子が新たな目標に立ち向かおうとしている。
それも自分ひとりの力で。
いいね。その意欲。

帰宅時間を1時間延長して息子を背後から見守る。
しかし、約300メートルの区間を釣り上がるもアマゴをなかなかヒットさせられない。
今回はヒレピンのアマゴに出会えないと悟った息子。 でも、退渓ポイントにある淵には良いアマゴが居ることを私は知っている。
だって、流れが変われども幼き頃に暗くなるまで遊んだ川なんだから。

息子にヤル気とちょっとした魔法を与えてみると念願のアマゴ??がヒット。
今まで感じたことのない強い引きに息子の身体は硬くなっているので 『 焦らずゆっくり~ 』 などと声を掛けても目の前の出来事に必死になって
いるから息子の耳には入らない。

息子が歯を食い縛りながら寄せてきた魚を私がザブッ!! とランディング。  
息の合ったナイスプレーって感じだ。(笑)


c0351369_14043999.jpg

『 うぉっっ!! いいアマゴだよ。今日一のサイズだよ。 おめでとう!! 』
息子とガッチリ握手。
さぁ、記憶に残そう。


c0351369_14045163.jpg


サイズを計測する私の手は興奮状態で小さく震えてしまう。 
故郷の別嬪アマゴのサイズは24㎝。 私も羨むホント奇麗なアマゴだ。

手早く撮影を済ませたあと息子にこのアマゴを持ち帰るか?と尋ねると 
『 もっと大きくなって欲しいからリリースする。 』 と・・・。

私 : 『 いいのか? 』
息子 : 『 うん。いいよ。 写真も撮ったし・・・。 』

息子も心身ともに順調に成長しているようだ。

息子よ、楽しい1日をありがとう。


c0351369_14085758.jpg



[PR]

# by hanahiro21 | 2016-05-21 16:50 | Fishing (Other) | Comments(4)
2016年 05月 16日

タイムスリップ


c0351369_19581464.jpg


釣果に対しては固執しない、ただのんびりと景色を楽しみながら釣りも楽しみたい。
連休最後の日曜日、そんな想いを胸にItaruさんと釣行。

やや冷んやりとした流れと空気が漂う最初の区間は、思い思いのタックルで釣り上がるが魚たちの反応は皆無。
しかし、釣れないからといってもつまらないわけではない。
良き釣友と初めての川、初めて触れる流れ、初めて見る渓相に心弾む。

この先にはどのような景色と流れが広がっているのだろう・・・?
この川のアマゴの性格はどんな感じ?
どのような体色?
どのルアーでどんな方法でアマゴを狙う?
頭の中では ??” マークが度々浮かんでは消えていく。
こんなワクワクドキドキする情感は、釣りを始めた頃に感じたものと似ている気がする。
今日は釣りを始めた幼き頃の心を取り戻せる時間なのかもしれない。


c0351369_07532992.jpeg

眩い新緑の中を遡行するにつれて魚影がチラホラと現れ始めた。
ストレスなく釣りを楽しめる流れで、警戒心が高い魚たちに一喜一憂。

んっ!? こんなに良い場所でなぜ出ない?
良い追い方をしているのになぜ食わない?
何を警戒している?
私の立ち位置に問題あり???

今も昔も悩み考えることが多いのは、少しも変わっていない。
幼き頃、友人と連れ立って流れに向かい少ないルアーであれやこれやと下手くそなりに考え、努力を重ねた先の1尾はとても嬉しくて嬉しくて
たまらなかった。
今日も昔のように目的の1尾がとても遠い存在になりかけていた。


c0351369_19582515.jpg

昼食後、私にもこの川らしいアマゴをネットに収めることが出来たのだけれど、良い写真を撮る前に逃走。
釣り人が必ず経験することですね。(笑)

私が釣った魚の写真は残念ながらないので、Itaruさんが釣ったアマゴとイワナの写真を掲載。


c0351369_07555984.jpeg
c0351369_20085859.jpeg


良いアマゴに良いイワナだ。

その後もこの川らしいアマゴを必死に狙ってみたけれど、追わせて食わせようとしている私はチックンバイトの連発で異常なほどキャッチ率が低い。
Itaruさんは浅いバイトを確実に拾い涼しい顔でキャッチ数を伸ばしていく。

さて、この違いは何・・・?
帰りの車中で気が付きましたが、時すでに遅しでした。


里川で釣りを楽しんだあとは渓の探索。
悪いことをしているわけではないのだけれど時折感じるこのドキドキ感は・・・、小学生の頃に友と楽しんだ探検ごっこの時に感じた空気と同じだ。
さて、目的の場所には何があるのかな???

『 ほ、ほ~っ!!! すげえな・・・。 この先にも道がついているよ・・・。』

40過ぎたオジサン2人でキャッキャとはしゃぎながら過ごした1日は釣りを始めた幼き頃に時が戻ったようだった。
やはり友との釣りは楽しいね。



[PR]

# by hanahiro21 | 2016-05-16 21:15 | Fishing (Other) | Comments(6)
2016年 05月 06日

ショートレングス

c0351369_19121651.jpg


私の大切な相棒、5.3ftのグラスロッド。
最近はこのロッド1本で里川から本流の釣りを楽しんでいる。

近頃の本流は繊細な釣りが要求される。 
ショートレングスのロッドは7ftクラスのロッドに比べ飛距離面では劣るが、ルアーの操作性は非常に良くて本流の小さな見逃しやすいポイントを
ネチネチと探ることにも適している。
また、低弾性のグラスファイバーのロッドは、しなりからの戻りがスローでとてもしなやか。 良型の不意を衝く動きにも追従をしてくれるのでバラシ
は少ない。
シャープさを増したロッドが多い中、グラスロッドのマイルドな味付けがたまらなく心地良いのだ。


連休中のある日、本流の重厚な流れで良型のバイトを拾う。
寄せてくる時の重量感とパワフルな引きに緊張感が一瞬高まったが、ショートレングスながら、しなやかに曲がるブランクは良型であってもしっかり
曲がって、しっかり踏ん張ってくれるのでアマゴの強い引きとロッドの曲がり具合を楽しむ余裕が生まれる。


c0351369_19123182.jpg

c0351369_21102454.jpg

素晴らしい体腔、肉厚な魚体。
尺には僅かに足りなかったが、これぞ本流アマゴ。 こういうアマゴが1尾でも釣れれば大満足。



c0351369_19124003.jpg



数はあまり出なかったけれど、どのアマゴもサイズ、コンディションは最高な状態。


c0351369_19125352.jpg



こんなに良いアマゴたちが出てくれたので気分も良くなり早めに納竿。
連休中は1日しか釣りに出られなかったけれど、ショートレングスでの本流攻略は十分満足の出来る結果となった。


[PR]

# by hanahiro21 | 2016-05-06 21:29 | Fishing (Nagara) | Comments(4)
2016年 04月 21日

シングルフックで遊ぶ

c0351369_19251581.jpg


期末後の面倒な仕事が一通り片付いたので今日は有給を頂いた。
子供たちを学校に送り出したあと、釣り具をいそいそと車に積み込み出発。

まずは、長良川支流から釣り開始。
今日はシングルフック仕様のミノーで釣りを楽しむ。
水位は平水、水温は11度。 日曜日の増水で息を吹き返した流れには、数日前に放流された稚鮎の群れや小魚の姿があり、川面には小さな
虫たちが舞い生命感が溢れている。
この状況ならば浅い瀬や速い流れにもアマゴが入っているに違いない。
目の前に広がる流れに色々な角度からミノーを通す。
アップやアップクロスでバイトを得られなくても、クロスからダウン気味に通すとアマゴが勢いよくチェイスをしてミノーを捕える。

本日一尾目のアマゴをネットに収める。


c0351369_19253057.jpg


やや浅い瀬の開きにある岩陰から素早い動きでミノーを急襲。
春の里川はスリリングな釣りが出来るからとても楽しい。  この時期らしい傷一つない魚体に満足。


c0351369_19252221.jpg


アマゴの反応は予想以上に良くてフックに掛からないバイトもあるけれど、流れが効いている場所には必ずアマゴの姿。
透明度の高い流れ、チェイスからバイトまで目視できるからアレコレといろいろなことを試しながら釣り歩く。

c0351369_19253933.jpg


眩しく光り輝く体に散りばめられた朱点が際立って美しい。

c0351369_19255111.jpg



長い瀬ではアマゴのヒットが続く。
いい感じで光が降り注ぎアマゴを奇麗に照らしてくれるから写真撮影にも力が入る。

今回はシングルフックのバーブ有りと無しの両方を使ってみたけれど、しっかりと深く掛かってしまえば、バーブ無しでもバラシは少ない。
但し、ランディングにモタモタしているとバーブ無しのシングルフックはポロリと外れてしまうことがある。
現在、各メーカーより販売されているミノーに装着されているフックはトリプルのバーブ付きが多い。
シングルに比べフッキング率も向上し魚をキャッチできる確率はグンと上がる。
しかし、リリース前提で釣りをしているとトリプルフックが魚の目や体などの口以外のところに刺さり、バーブによって傷付いた魚をリリース
できないケースがある。
トリプルバーブ付きはキャッチ率を上げてくれる反面、魚たちへのダメージが大きい。 
ならば、すべてのミノーのフックをシングルに変えてしまえば良いと思うけれど、最近のミノーはフックの重さやサイズも含め緻密に計算されて
いるものが多くてトリプルからシングルフックに交換すると本来の泳ぎでなくなったり、バランスを崩したりなど弊害を及ぼす。

一時期、使用頻度が高いミノーのフックをトリプルフックのバーブレスに変えたことがあったが、残念ながらそのメーカーのフックは折れやすく
強度がイマイチで私の気持ちを満たすものではなかった。
現在も釣具屋に行く度にトリプルのバーブレスを気にはしてみるけれど、なかなか良いフックは見つからない。


c0351369_19260207.jpg


午後からは今年初めて長良川本流でアマゴを狙う。
やや風が強いのが気になるけれど、水況は最高な状態に見えてどの流れからでもアマゴが釣れそうな雰囲気だ。

しかし、午前中に釣りをした支流とは違い毎日多くの釣り人の気配を感じているアマゴたちの反応はシビア。
すぐにでもアマゴがヒットしそうな強く太い流れの中で彼らは沈黙を続けているように感じた。

『 おそらく流れの中では、私が操るミノーに一瞬は反応しているんだろうな~ 』
などと、つぶやいてみる。
こんな雰囲気も悪くない。俄然ヤル気がわいてきた。

午前に釣りをした支流ではアマゴのチェイスを確認しながら釣りを楽しめたけれど、長良川本流ではブラインドの釣りとなる。
アマゴが定位していそうなポイント、ルアーのトレースコース、レンジをあらかじめイメージしてからミノーをキャストしてアマゴを誘い出す。
支流よりも強い流れにミノーを馴染ませるのに苦労したけれど、一つ下の層(流れ)にミノーが入るとバイトがポツポツと続いた。


c0351369_19261197.jpg


本日最長のアマゴ。
瀬の開きから ”ドスンッ” とイメージ通りにミノーを引っ手繰ってくれた。
強い流れの中でシングルフックでのファイト。 流れを味方につけた強く重い引きにバレやしないかと冷や冷やしたけれど、アマゴとの呼吸を合わせて
無事ランディング。
こんな胸を衝く出方をしてくれると本流の釣りに病み付きになってしまいそうだから恐ろしい・・・。


c0351369_19262827.jpg



フッキングの状態を確認すると深くしっかりと掛かっていた。 出血しているものの、トリプルに比べアマゴへのダメージは少ない。
アマゴを手に取るとズシリと重く、よく肥えた長良川らしいアマゴ。
イメージ通りの出方と理想的なフッキングで良いアマゴを捕ることができた。

下流から吹き上げる風がより一層強くなってきたところで予定の時間よりも早めに切り上げた。

さて、今回の釣行でトリプルフック仕様のミノーを幾つかシングルフックに交換してテストをしてみたが、どれも本来の動きではなくなり残念な結果
であった。
動きを改善するためにはシングルフックにウエイトを巻き付ける方法、満足できるトリプルのバーブレスを探し出すなど幾つかの方法が思い浮かぶ。
これから試行錯誤を繰り返しながら魚たちに負担が少ないフックシステムを考えていこうと思う。




[PR]

# by hanahiro21 | 2016-04-21 21:30 | Fishing (Nagara) | Comments(4)