H's-Style

hanahiro21.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 09月 06日

Countdown

c0351369_16174204.jpg



9月最初の土曜日。
里川でパーマークを探す。

やや増水気味の流れにシンキングミノーを馴染ませると早速アマゴの姿。
しかし、アマゴのチェイスにヤル気を感じるのだけれどバイトに導くあと一押しが分からず歯痒い状況が続く。

モヤモヤとした違和感を感じているのは私だけではなく、この渓のアマゴたちもミノーに違和感を抱いている。

『 んっ!? なんだか可笑しいぞ!? 』  って・・・。

フローティングミノーに交換してレンジを上げてみる。
フワフワと流れと同調させながら ”ツンツン" とアクションを入れるとアマゴが何の疑いもなくミノーを捕えた。



c0351369_16254654.jpg



やっとだよ・・・(笑)
ようやく1尾目のアマゴをネットに収める。

この渓のアマゴたちは夏模様。
ミノーの追い方、捕え方はスピード感に溢れていた。
秋色を纏うのは暫く先のようだ。



c0351369_16291497.jpg
c0351369_16304776.jpg



里川で予想外のサイズ。
3度目の追いはないと思い諦めかけたけれど、トレース角度を変えることによってバイトへと導いた。

初秋の陽射しを浴びて魚体と水が光り輝く。
夏の気配が濃いアマゴだ。
撮影が下手な私でもカメラを構えたくなる。



c0351369_16323642.jpg


今シーズン精力的に開拓を進めている透き通った流れ。

友人からは、
『 えっ?その川はどこの町を流れてる川なの? 』
『 アマゴ居るの? たくさん釣れないでしょ(笑)』
なんて冷やかされている。

でも、小さな集落を静かに流れるこの川でアマゴたちは命を繋ぎひっそりと暮らしている。
岐阜の川にしては珍しく釣り人の姿を見かけることがなく、この川の情報が表に出ることは殆どない。

すれ違う人といえば川の流域に暮らす住民ばかり。
会う人会う人から温かい声を掛けて頂き、時を忘れてついつい話し込んでしまう。

そんな情報要らないよ・・・ってこともあるんだけどね(苦笑)



c0351369_16404285.jpg


今回の釣行で私の心をグッと掴んだアマゴ。



c0351369_16412639.jpg


無数に散りばめられた小さな黒点。
今までたくさんのアマゴと出会ってきたが、このタイプのアマゴとは初めて出会う。
アマゴを狙っているとサイズに目が行きがちなんだけれど、1尾1尾が持つ個性を観察するのも楽しみのひとつなんだよね。
うん。このタイプのアマゴも私好みだ。

集落に正午を告げる鐘が鳴り響いた。
さて、久し振りに温泉にでも浸かって帰ろう。

釣りに温泉、なんて贅沢な休日なんだろう。



残り少なくなった今シーズン。 
9月に入るとイベントが多くなり自由気まま時間は少なくなる。
1尾でも多く記憶に残る美しいアマゴに出会いたいものです。






[PR]

# by hanahiro21 | 2015-09-06 19:26 | Fishing (Other) | Comments(2)
2015年 08月 31日

紅葉色

c0351369_19572774.jpg




久し振りに訪れた渓。
先週末にかけて纏まった降雨があり渓の水量も水質も程良い状態かと予想したのだが、渓は以前訪れた時と同じ流れが広がっていた。

工事による薄い濁りがあるものの入渓直後から手の平サイズのヤマメとイワナが果敢にミノーを追い回しヒットが続いた。
時折、良型ヤマメの追いがあるのだが、明らかにスレていて追いは短く見切りが早い。
春から夏にかけて多くの釣り人からのプレッシャーを受けていたことが容易に想像が出来る。
そんなヤマメに警戒心を抱かせないように静かにアプローチをして遠目から勝負を挑んだが、なかなか口を使うことがなく完敗の連続であった。



c0351369_20021737.jpg




数は出る。 でも、目的のヤマメではないんだな・・・。


今回の目的のヤマメは5月に初めて出会った ”紅葉色に染まるヤマメ” と ”側線上のみに朱点を浮かべたヤマメ”。
前回訪れた時に側線上のみに朱点を浮かべたヤマメを数匹キャッチしていたのだが、その時はアマゴとの混血種??と思い撮影も行わずリリースをしていた。
可能であれば今回の釣行で両方のヤマメを撮影し記録に残したいのだ。



c0351369_20030921.jpg




十数匹目のヤマメ。 待望のヤマメだ。



c0351369_20031812.jpg




パーマークの間は薄っすらと紅葉色に染まっている。
何が原因で紅葉色に染まるのか?
水質? 餌? DNA?? それとも人間の手が加わっている??
答えを導き出すことが出来ないと分かっているのに暫くの間、その場で考え込んでしまった。

雑誌などで時折見かける紅葉色に染まったヤマメは、東北地方や九州の一部の渓に棲息しているのみだと思っていた。
しかし、身近に紅葉色に染まるヤマメがひっそりと暮らしていることが嬉しくてたまらなかった。
再び出会いたくなりこの渓へと足を運んだのだ。


約4時間の実釣でたくさんのヤマメをキャッチ出来たのだが、目的のヤマメはというと ”紅葉色に染まるヤマメ” と ”側線上のみに朱点を浮かべたヤマメ” をそれぞれ1尾づつ。
紅葉色に染まるヤマメを色鮮やかに撮影をしたかったのだが、降り止まない雨と無数のアブで撮影に集中出来ず、何ともガッカリな写真となってしまった。
そして、側線上のみに朱点を浮かべたヤマメはカメラの結露により撮影が出来なかった。
数時間後にカメラは復活したのだが、その後は目的のヤマメに出会うことは出来なかった。


今回は残念ながらこの2種のヤマメを奇麗に撮影することが出来なかったけれど、残り少ない今シーズン、三度この渓に足を運び記録に残そう。 
色鮮やかに・・・、そして鮮明に・・・。

だって、数年後には出会えなくなる可能性があるのだから・・・。





[PR]

# by hanahiro21 | 2015-08-31 21:01 | Fishing (Other) | Comments(6)
2015年 08月 07日

暑中お見舞い申し上げます。


c0351369_21253947.jpg



釣友のIさんとの釣行。
やや厳しいコンディションではありましたが、釣果にも恵まれ楽しい1日となりました。
ありがとうございました。

しかし、写真をたくさん撮ったんだけど、カメラの操作を誤りデータ紛失。
唯一、カメラに残っていた写真はこれだけ・・・。 

残念な男です。 ゴメンナサイ(泣)

でも、涼しさを感じる1枚だな~ なんて自画自賛してます。


皆様
長期予報では暫くの間、猛暑、酷暑続きのようです。
くれぐれもご自愛下さいませ。
特に熱中症には要注意ですぞ。





[PR]

# by hanahiro21 | 2015-08-07 22:02 | Fishing (Other) | Comments(4)
2015年 07月 27日

Summer game


c0351369_20515350.jpg

早朝の渓の清々しさ。
川に降り立つ瞬間はいつも気持ちが良い。

今回は瀬の釣りを楽しんだ。
期待はしてなかったのですが、予測に反して良いアマゴが釣れました。


c0351369_20520933.jpg



ロッドをひったくるような強いアタリ、寄せてくる時の重量感にはハラハラドキドキさせられる。
アマゴのミスバイトや悔しいバラしもあったけれど、こういうアマゴが釣れれば満足だ。

近くに居た鮎師が私に駆け寄り

『 良いアマゴやな!! こんなアマゴが釣れれば面白いやろう。』

と、気さくに声を掛けてくれる。


c0351369_20522531.jpg



端整な顔付きをした『夏アマゴ』。
攻略する度にまた一つ引き出しが増える気がしてます。


[PR]

# by hanahiro21 | 2015-07-27 22:20 | Fishing (Other) | Comments(2)
2015年 07月 21日

漸 く

良いサイズのアマゴを釣るのならば、パーマークが鮮明に浮かび上がっているアマゴを釣りたい。
だって、格好イイんだもの。

シーズン初期から開拓と観察を続けてきた流れ。
居るのは分かっていた。
でも、今まで失敗続きで思い描いたように良型を喰わせることが出来なかった。


c0351369_20463043.jpg


c0351369_20463918.jpg



申し分ない一美(尾)。
夏の強い陽射しが容赦なく降り注ぐ真昼間のヒット。

川の状態とアマゴの活性に助けられた気もしますが、恋い焦がれていた良型アマゴに ホッ!! としました。

残り約2ヶ月となった今シーズン、今まで以上にノンビリと楽しめそうな気がします。


c0351369_20464825.jpg

最近、マイブームとなってきたフローティングのシャッドタイプ。
背後に写る黒金のルアーがお気に入りなんだけど、すでに製造中止となっていて流通在庫を探すのは至難なこと。
代用出来そうなものは、過去にお世話になったシャッドラップ。

ややぽっちゃり気味なボディー。
複雑な流れでガックリと肩を落とすのか、ニタニタと笑うのか・・・・。

タノシミダ!!(笑)




[PR]

# by hanahiro21 | 2015-07-21 21:04 | Fishing (Other) | Comments(6)