H's-Style

hanahiro21.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2015年 05月 31日

ベールターン

c0351369_14211580.jpg



ダイワ、シマノなどの国内メーカーはリールのベールを手で返すことを推奨している。
私はというと、国内メーカーのリールもカーディナル同様ハンドルを回してベールを返していた。
先月の釣行時、長く染みついたこの悪い癖が原因でハンドルを回してもベールが戻らなくなってしまい、リールはメーカー修理となってしまった。

実はこれが2度目のメーカー修理。
行きつけの釣具屋から、

『またですか!? ダメですよ、ベールは手で返さないと・・・。』

と再度注意されてしまった。

しかし、アップストリームの釣りで ”ベールを手で返しハンドルノブを握る" までの動作にもたついてしまうと、狙いたいポイントやタナからルアーが外れてしまい魚から反応が得られない・・・なんてことになってしまう。
ルアーが着水してからの僅かなロスタイムは釣果に大きな影響をもたらす。

今回の釣行で国内メーカーのリールを使って素早くベールを返すことを試してみたが、これといった良い方法が見つからない。
キャスト後、着水と同時に左手でベールを返し素早くハンドルノブを握る方法、右手の指でベールを返す方法・・・等々。
何度も試してみたが流れるような動作には程遠く、今までの一連の流れに”手でベールを返す”という工程が増えてしまったことがストレスになってしまった。

タックルをカーディナルに変えて釣りを再開する。



c0351369_14324510.jpg


低い弾道で糸フケを作らないようにアップクロスにミノーをキャスト。狙うのは対岸際の流芯。
右手人差し指でフェザリングをしながら着水点までの距離を調整、左手はハンドルノブ付近に固定しロッド先は着水直後にミノーを操作し易い位置にする。
着水と同時にハンドルを回しバチンッとベールを返す。
カーディナルはベール返りがいいからストレスフリーだ。 

素早くミノーに水を噛ませて目的のタナまで潜らせ、ヒラヒラと流れ落ちる鮎をイメージ。
想像していたよりも流芯の流れが速く、ミノーにうまくアクションを付けられなかったが、流芯からアマゴが誘い出されて、ドンッ!! とミノーにアタックしたのが偏光グラス越しに見えた。




c0351369_14325727.jpg




アップでのヒットは最高に楽しい。
ドンッ!!とアマゴの重みが乗った時の喜び、流れに逆らい力強くグングンとロッドを引き込み水面下で激しく抵抗し水飛沫を上げる。
時には流れに乗って凄まじいスピードで下り冷や冷やさせられて、緊張感と心の底から沸いてくる充実感は忘れることができない。
アップの釣りは如何に素早くミノーを泳がせるのかが大切。
そのためには、着水からリーリングまでの一連の動作にロスタイムを作らないことが重要となる。

その後も釣りを続けるが、誘い方が悪いためか 『ギラッ!!』 と一瞬の針掛かりがあってもフッキングに至らず、バレてしまうことが多かった。 
なるべく静かに、魚に気づかれないように心掛けて釣りをするが、状況は好転しなかった。
結局、アップの釣りでアマゴを2尾追加したところで川を変えることにした。



c0351369_14323617.jpg



車を1時間走らせ長良川へ移動。
長良川に来ている兄と合流し、兄に長良らしいアマゴを捕って欲しくてお気に入りのポイントを案内。
夏のような日差しが降り注ぐ長良川本流は、降雨が少ないこともあり渇水状態で厳しい状況。

細くなった瀬をダウンでネチネチと探ってみるがアマゴの反応は皆無。
やはり外敵や危険を察知する能力に長けているアマゴを攻略するには、アプローチと狙い方に細心の注意を払う必要がある。
狙うポイントまで距離をとり釣り人の気配を消す。
ややアップクロス気味に核心ポイント上流にミノーを入れて素早くミノーを立ち上げる。
ラインは必要以上に水に浸けないように心掛けて誘いを掛けると狙ったポイント付近でギラリとアマゴが反転。


c0351369_14330858.jpg



アマゴ狙いでは近頃ご無沙汰の会心の手応え。
アプローチからバイトまでの一連の動作にロスタイムもミスもなく完結。
サイズは20㎝前半だけれど、何より厳しい状況下の長良川本流で心痺れる手応えを味あわせてくれたアマゴは私の記憶に鮮明に残る1尾となり、今回の釣行を締め括ってくれた。



今回釣り歩いた河川は初夏の川になり始めていた。水面下に目を凝らすと、放流された無数のアユが苔を食みキラキラと輝いていた。
川底の石もきれいに磨かれており鮎シーズンは目前。
数日後には鮎師が瀬を陣取り、アマゴ狙いの多くの釣り人は鮎がいない渓へと場所を移す。

ご存知の通り渓での釣りはアップ主体の釣りとなり、猫の額ほどの小さなスポットを1投で打ち抜き素早くミノーを泳がせる必要がある。
キャスト後、一連の動作でもたついているとあっという間にミノーは流され魚に余分な警戒心を与えてしまう。
食わせられる魚も食わせられなくなってしまうのである。 
1尾の魚が警戒心を持つとその周囲にいる魚たちにも警戒心が伝染しているように感じる。
とてもシビアな状況下、シビアな魚を狙いとるためには、ロスタイムや小さなミスをどれだけ減らすことが出来るかが大切だと思う。

これからも国内メーカーのリールを使用する機会が多くある。
着水直後、ベールを手で返す新たな手段を見つけ出すのか、リールに負担が掛かるがハンドルを回して返すのか・・・。
とても悩ましいのである。
良い魚とのチャンスは少ない。今の私が神経のいき届いた釣りをするためには、リールのベールの返し方をどう処理するのか急いで解決しなければならない。 








[PR]

by hanahiro21 | 2015-05-31 22:05 | Fishing (Nagara) | Comments(2)
2015年 05月 23日

初めての川へ  ~北陸河川~

初釣行日
日釣り券購入後、目的の川に向かうと釣りが出来ないほどの濁りが入っていた。
支流ならば釣りが可能ではと思い移動してみたが、各支流も強い濁り。
今回は釣りを諦め次の釣行のために駐車位置、入川口、流れの確認を行いながら帰路に就くことにした。

道路沿いを流れる川は、アクセスが難しい区間もあるが、連続する瀬と淵、落差ある流れなど多種多様なポイントが形成されていた。
車を進めると濁りが薄い区間があったので一度片付けたロッドを継ぎミノーを流してみた。

あまり期待はしていなかったけれど、数匹のヤマメとイワナがネットに収まった。


c0351369_15400259.jpg


予想外のイワナに戸惑いを感じたが、白く縁取られた鰭、きれいな体色、ズッシリとした重さ、サイズには満足。
このイワナで益々この川のポテンシャルが気になってしまった。
初釣行は強い濁りで釣りが出来ない悔しさと、次の釣行の期待感を胸に納め帰宅した。



2度目の釣行
初釣行時とは違い澄んだ流れに安堵した。
川の状態は上流で取水されている影響で水位が低く、区間によっては薄っすらと濁りが入っていた。
下流部からスタートしてみたが、粒子の細かい砂(泥)が石にベッタリと付いていて川虫の姿は皆無。
やはりそんな場所は魚影が薄い。

下流部に見切りをつけて一気に上流部へ移動して釣りを再開。
淵頭からヤマメのチェイス。
しかし、複雑な流れに揉まれたミノーを食いそびれ元の流れに帰って行ってしまった。
間合いをとらずにヤマメが戻って行った場所にミノーを流すと根掛かりのような重いアタリ。



c0351369_15470074.jpg


頭の中が一瞬混乱してしまった。
ヤマメを掛けたつもりがイワナなんだから・・・。

本流での釣りを終え車に戻る途中で農作業中の方に声を掛けて頂いた。
ご丁寧に川の状況、魚、ポイントについて色々と教えて頂き冷えた麦茶と梅干しをご馳走になってしまった。
県外からの釣り人に親切に接して下さり、本当にありがたい。
このような交流があると、毎年訪れようという気持ちが湧いてくる。
釣行先で出会う人、風景、食べ物、植物、それら全てが私にとっては釣りの一部なんだなと改めて気が付く時間となった。

さて、この地元の方との会話の中で気になる言葉があった。
『赤ヤマメ』
とある支流に紅葉色のヤマメがいると言う。
雑誌などでは見たことがあるが、この目で実際に見たくなってしまい教えて頂いた支流へと移動した。



c0351369_15470615.jpg




やや細い流れの中にはビッシリと石が敷き詰められていて私好みの透明度の高い流れが広がっていた。

木々の隙間から漏れる春の光の筋が河原の草木や流れを美しく光り輝かせている。
人工物が少ない緑の中での釣りは爽快な気分となり、ピンスポットへのキャストも決まってリズムも良くなる。

そうそう、この感覚この感覚。渓の釣りはこのリズム感が大切なんだよ・・・。


c0351369_15562591.jpg




今日はイワナたちの活性が高くて暫くの間は我慢の釣りになる。
なるべく掛けないように心掛けるのだが、ミノーをサッと引いても止めてもイワナがバイトする。
数匹のヤマメがミノーをチェイスしていても、突然イワナが現われミノーを奪っていく。
イワナがヒットした途端、ヤマメはフルスピードで四方八方へと走り去り流れの中で沈黙する。



c0351369_15480664.jpg


c0351369_15481628.jpg



そんな中で待望のヤマメのバイトを拾うことが出来た。

流れが緩やかな木陰にプールを作り赤いヤマメを色々な角度から観察をしてみた。
パーマークの間は薄っすらと紅葉色に染まっている。
何が原因でこの色に染まるのか・・・?
秋になるとさらに色濃い赤色に変化するのか?
様々な疑問が湧き出してくる。

初めて見るヤマメに心奪われ時が経つのを忘れてしまった。


c0351369_15484675.jpg
 


残り少ない釣行時間を気にしながら遡行を続ける。
川面を照らす日差しは初夏の気配を感じ、少しでも陰になっている場所を探しながらミノーをキャストしていった。

退渓路近くにギュッと絞られた流れがあった。岩盤沿いは流芯によって掘られた一筋の流れが通り、川底には身を隠す石が転がっている。
さらに流れの上には倒れた樹木と木々によって作り出された日陰があり、如何にもというポイントが作り出されていた。

シンキングミノーを岩盤ギリギリに着水させて素早くリップに水を噛ませる。水に馴染んだミノーに細かなトゥィッチを掛けながら、流速と同じスピードで引いてくるとミノー後方から、 ビュンッ!!ビュンッ!! と目の覚めるようなスピードでミノーを追い回すヤマメが目に飛び込んできた。
日陰が終わるギリギリのところで食わせの間を入れると反転しながらミノーを襲った。
テールフックでのヒットであったので、慎重に寄せてランディングネットに滑り込ませた。


c0351369_15482834.jpg


c0351369_15483875.jpg



記憶に残る追い方、バイトの仕方だった。
最後に手にしたヤマメは渓らしい精悍な顔付き。鮮明に紅葉色に染まったヤマメではなかったが、側線上のパーマークの間には薄っすらとではあるが紅葉色に染まっているように見える。
初めての川で記憶に残るヤマメに出会えたことはとても幸運。

秋にまた会おう!! 
真っ赤に燃え上がった君たちとの再会を楽しみしてるよ。






[PR]

by hanahiro21 | 2015-05-23 21:00 | Fishing (Other) | Comments(2)
2015年 05月 10日

Which one shall I choose?

c0351369_15290463.jpg

以前は多種多様なルアーを持ち込まないと不安でしたが、最近私が持ち歩くルアーの個数はこれだけ。

私が現場に持ち込むルアーを選ぶ基準は? と問われると・・・

『今日はこのルアーで釣りたい。』

というのが一番。

釣果を伸ばすためにはレンジ、アクションが異なるルアーを揃え、さらにカラーも数色揃えておくのが良いに決まっている。
でも、私の場合多くのルアーを携行しても実際に使用するルアーは数個のみ。
ならば携行するルアーを絞り込んでしまえば、迷いもなくなりジックリと魚と向き合うことが出来るという訳だ。


c0351369_15544705.jpg


連休明け直後の土曜日。
ボウズ覚悟の釣行ではあったが、各ポイントからは季節を勘違いしてしまうようなアマゴたちがロッドを撓らせてくれた。

ここぞというポイントにはアマゴの姿。
見切りの早い神経質なアマゴもいたが、ミノーを追うスピード、ミノーの捕え方は文句の付けようがない。
時にはバラしてしまうこともあったが、なぜか ” バラしても嬉しい。腕を上げなきゃね・・・。”
何て思えてしまう。

c0351369_15553527.jpg
c0351369_15551009.jpg


夏が楽しみになるアマゴたち。
素晴らしい体腔、筋肉質な体格。
全てがパーフェクト!! と呼べるアマゴに満足。


c0351369_15542435.jpg

写真の瀬、携行しているミノーの数が少ないから選択の決断が早い。
手持ちのミノーからこの流れにふさわしいものを結び、瀬の中の石を舐めるようにヌメヌメっと泳がせる。


c0351369_15540070.jpg

流れが緩む石裏でバイト連発。

釣友からは、
『 えっ!? ラパラでアマゴ?? 』
『 飛ばないでしょ?? 』
『 渋いね~。』
なんて言われる。 
でも、立ち上がりの早さ、水噛みの良さ、僅かな流速でもブルブルと泳ぐ優れた遊泳力。
キャストフォームを見直すためにも、私にとっては頼りになるミノーなんです。

ヘビーシンキング全盛期の今、一つでも良いです。
フローティングミノーをボックスに忍ばせ使ってみて下さい。
いつもとは違う反応が得られると思いますよ。


c0351369_15555357.jpg



釣りが楽しくなってくると携行ルアーが少ない時は不安な気持ちになる。
” あのルアーがあったら・・・。手持ちのルアーでは目の前の流れを上手く攻略出来ないよ・・・。” 
なんて時がある。

そんな時は、” 今日の私では攻めることが出来ない魚と流れなんだ " と早々に見切りを付けて新たなポイントに移動する。
決断が早ければ多くのポイントに入ることが可能となり、新たな発見、チャンスが増える。
お気に入りのルアーのみでも良い、ギュッと絞り込んだ手持ちのルアーを駆使して色々と工夫しながら釣ってみよう。

本格的なシーズンを迎えた今、自分の持っているルアーとジックリと向き合ってみてはいかが?


[PR]

by hanahiro21 | 2015-05-10 20:18 | Fishing (Other) | Comments(1)
2015年 05月 06日

GW 2015

c0351369_15355101.jpg


明るく柔らかい陽射し、若葉の艶やかな緑色、吹き抜ける風。
爽やかな解放感はこの季節ならでは。

今年のゴールデンウィークは、この時期にしか見ることのできない景色、光、空気、魚との出逢い心満たされた。
初歩的、基本的なミスが重なり良型のバラシもあったけれど、撮影した多くの写真を見ていると心安らぐ。
でも、カメラにSDカードを入れ忘れていた日があった。
これは最初で最後にしないとね。

ゴールデンウィーク中の釣行は、私の好みのアマゴのみを撮影した。


飛騨の河川で。
仲間と釣り歩いた川にも春が訪れ、魚たちは流れの中で活発に餌を漁っていた。

淵尻の同じポイントから連続でのヒット。

c0351369_16024223.jpg



1尾目は降下型のアマゴ(シラメ)。
背ビレ先端のツマ黒、銀化した体に薄っすらと浮かぶパーマーク。
出逢う確率が少ない魚。
この時期ならではの魚。


c0351369_16030186.jpg



2尾目は居付き型のアマゴ。
キラキラと輝く鱗に浮かぶパーマーク。
シーズン初期とは思えない体腔。
独特な美しさと逞しさを持っている。



故郷の川で。

釣り人が想像以上に多く、釣り人の姿、釣り人らしき車が止まっていない場所を探してウロウロ。
釣行前日の降雨でやや水位が上昇したものの、アマゴの警戒心は高い状態で反応はイマイチ・・・。


c0351369_16071458.jpg



花崗岩砂礫の流れからバイトに導いたアマゴ。
この川らしい透き通るような色白な魚体に浮かぶパーマークと小さな朱点。
『美アマゴ』
そんな言葉がシックリとくる私好みの1尾。


c0351369_18483544.jpg



このサイズのアマゴは高活性。
途中からバイトさせないようにミノーを操るが、ガッツリとミノーを捕えてしまう・・・。

でも、釣れると嬉しい。素直に嬉しい。


c0351369_16044843.jpg



気温はグングン上昇。
ジヮッっと汗が出て来た時は日陰で休みながら撮影した写真の確認作業。

思わず口から出るのは・・・・。

『う~ん。イマイチ・・・。』


c0351369_16041495.jpg


写真も魚も一期一会。
艶やかな魚体、水の色、石の色、太陽の位置などさまざまな要素が絡み合う。
私の場合、まだまだ撮影も勉強と経験が必要ってことだ。

これからも、その日その時その瞬間を大切にしよう。





[PR]

by hanahiro21 | 2015-05-06 20:21 | Fishing (Other) | Comments(0)