カテゴリ:Fishing (Nagara)( 5 )


2016年 05月 06日

ショートレングス

c0351369_19121651.jpg


私の大切な相棒、5.3ftのグラスロッド。
最近はこのロッド1本で里川から本流の釣りを楽しんでいる。

近頃の本流は繊細な釣りが要求される。 
ショートレングスのロッドは7ftクラスのロッドに比べ飛距離面では劣るが、ルアーの操作性は非常に良くて本流の小さな見逃しやすいポイントを
ネチネチと探ることにも適している。
また、低弾性のグラスファイバーのロッドは、しなりからの戻りがスローでとてもしなやか。 良型の不意を衝く動きにも追従をしてくれるのでバラシ
は少ない。
シャープさを増したロッドが多い中、グラスロッドのマイルドな味付けがたまらなく心地良いのだ。


連休中のある日、本流の重厚な流れで良型のバイトを拾う。
寄せてくる時の重量感とパワフルな引きに緊張感が一瞬高まったが、ショートレングスながら、しなやかに曲がるブランクは良型であってもしっかり
曲がって、しっかり踏ん張ってくれるのでアマゴの強い引きとロッドの曲がり具合を楽しむ余裕が生まれる。


c0351369_19123182.jpg

c0351369_21102454.jpg

素晴らしい体腔、肉厚な魚体。
尺には僅かに足りなかったが、これぞ本流アマゴ。 こういうアマゴが1尾でも釣れれば大満足。



c0351369_19124003.jpg



数はあまり出なかったけれど、どのアマゴもサイズ、コンディションは最高な状態。


c0351369_19125352.jpg



こんなに良いアマゴたちが出てくれたので気分も良くなり早めに納竿。
連休中は1日しか釣りに出られなかったけれど、ショートレングスでの本流攻略は十分満足の出来る結果となった。


[PR]

by hanahiro21 | 2016-05-06 21:29 | Fishing (Nagara) | Comments(4)
2016年 04月 21日

シングルフックで遊ぶ

c0351369_19251581.jpg


期末後の面倒な仕事が一通り片付いたので今日は有給を頂いた。
子供たちを学校に送り出したあと、釣り具をいそいそと車に積み込み出発。

まずは、長良川支流から釣り開始。
今日はシングルフック仕様のミノーで釣りを楽しむ。
水位は平水、水温は11度。 日曜日の増水で息を吹き返した流れには、数日前に放流された稚鮎の群れや小魚の姿があり、川面には小さな
虫たちが舞い生命感が溢れている。
この状況ならば浅い瀬や速い流れにもアマゴが入っているに違いない。
目の前に広がる流れに色々な角度からミノーを通す。
アップやアップクロスでバイトを得られなくても、クロスからダウン気味に通すとアマゴが勢いよくチェイスをしてミノーを捕える。

本日一尾目のアマゴをネットに収める。


c0351369_19253057.jpg


やや浅い瀬の開きにある岩陰から素早い動きでミノーを急襲。
春の里川はスリリングな釣りが出来るからとても楽しい。  この時期らしい傷一つない魚体に満足。


c0351369_19252221.jpg


アマゴの反応は予想以上に良くてフックに掛からないバイトもあるけれど、流れが効いている場所には必ずアマゴの姿。
透明度の高い流れ、チェイスからバイトまで目視できるからアレコレといろいろなことを試しながら釣り歩く。

c0351369_19253933.jpg


眩しく光り輝く体に散りばめられた朱点が際立って美しい。

c0351369_19255111.jpg



長い瀬ではアマゴのヒットが続く。
いい感じで光が降り注ぎアマゴを奇麗に照らしてくれるから写真撮影にも力が入る。

今回はシングルフックのバーブ有りと無しの両方を使ってみたけれど、しっかりと深く掛かってしまえば、バーブ無しでもバラシは少ない。
但し、ランディングにモタモタしているとバーブ無しのシングルフックはポロリと外れてしまうことがある。
現在、各メーカーより販売されているミノーに装着されているフックはトリプルのバーブ付きが多い。
シングルに比べフッキング率も向上し魚をキャッチできる確率はグンと上がる。
しかし、リリース前提で釣りをしているとトリプルフックが魚の目や体などの口以外のところに刺さり、バーブによって傷付いた魚をリリース
できないケースがある。
トリプルバーブ付きはキャッチ率を上げてくれる反面、魚たちへのダメージが大きい。 
ならば、すべてのミノーのフックをシングルに変えてしまえば良いと思うけれど、最近のミノーはフックの重さやサイズも含め緻密に計算されて
いるものが多くてトリプルからシングルフックに交換すると本来の泳ぎでなくなったり、バランスを崩したりなど弊害を及ぼす。

一時期、使用頻度が高いミノーのフックをトリプルフックのバーブレスに変えたことがあったが、残念ながらそのメーカーのフックは折れやすく
強度がイマイチで私の気持ちを満たすものではなかった。
現在も釣具屋に行く度にトリプルのバーブレスを気にはしてみるけれど、なかなか良いフックは見つからない。


c0351369_19260207.jpg


午後からは今年初めて長良川本流でアマゴを狙う。
やや風が強いのが気になるけれど、水況は最高な状態に見えてどの流れからでもアマゴが釣れそうな雰囲気だ。

しかし、午前中に釣りをした支流とは違い毎日多くの釣り人の気配を感じているアマゴたちの反応はシビア。
すぐにでもアマゴがヒットしそうな強く太い流れの中で彼らは沈黙を続けているように感じた。

『 おそらく流れの中では、私が操るミノーに一瞬は反応しているんだろうな~ 』
などと、つぶやいてみる。
こんな雰囲気も悪くない。俄然ヤル気がわいてきた。

午前に釣りをした支流ではアマゴのチェイスを確認しながら釣りを楽しめたけれど、長良川本流ではブラインドの釣りとなる。
アマゴが定位していそうなポイント、ルアーのトレースコース、レンジをあらかじめイメージしてからミノーをキャストしてアマゴを誘い出す。
支流よりも強い流れにミノーを馴染ませるのに苦労したけれど、一つ下の層(流れ)にミノーが入るとバイトがポツポツと続いた。


c0351369_19261197.jpg


本日最長のアマゴ。
瀬の開きから ”ドスンッ” とイメージ通りにミノーを引っ手繰ってくれた。
強い流れの中でシングルフックでのファイト。 流れを味方につけた強く重い引きにバレやしないかと冷や冷やしたけれど、アマゴとの呼吸を合わせて
無事ランディング。
こんな胸を衝く出方をしてくれると本流の釣りに病み付きになってしまいそうだから恐ろしい・・・。


c0351369_19262827.jpg



フッキングの状態を確認すると深くしっかりと掛かっていた。 出血しているものの、トリプルに比べアマゴへのダメージは少ない。
アマゴを手に取るとズシリと重く、よく肥えた長良川らしいアマゴ。
イメージ通りの出方と理想的なフッキングで良いアマゴを捕ることができた。

下流から吹き上げる風がより一層強くなってきたところで予定の時間よりも早めに切り上げた。

さて、今回の釣行でトリプルフック仕様のミノーを幾つかシングルフックに交換してテストをしてみたが、どれも本来の動きではなくなり残念な結果
であった。
動きを改善するためにはシングルフックにウエイトを巻き付ける方法、満足できるトリプルのバーブレスを探し出すなど幾つかの方法が思い浮かぶ。
これから試行錯誤を繰り返しながら魚たちに負担が少ないフックシステムを考えていこうと思う。




[PR]

by hanahiro21 | 2016-04-21 21:30 | Fishing (Nagara) | Comments(4)
2015年 05月 31日

ベールターン

c0351369_14211580.jpg



ダイワ、シマノなどの国内メーカーはリールのベールを手で返すことを推奨している。
私はというと、国内メーカーのリールもカーディナル同様ハンドルを回してベールを返していた。
先月の釣行時、長く染みついたこの悪い癖が原因でハンドルを回してもベールが戻らなくなってしまい、リールはメーカー修理となってしまった。

実はこれが2度目のメーカー修理。
行きつけの釣具屋から、

『またですか!? ダメですよ、ベールは手で返さないと・・・。』

と再度注意されてしまった。

しかし、アップストリームの釣りで ”ベールを手で返しハンドルノブを握る" までの動作にもたついてしまうと、狙いたいポイントやタナからルアーが外れてしまい魚から反応が得られない・・・なんてことになってしまう。
ルアーが着水してからの僅かなロスタイムは釣果に大きな影響をもたらす。

今回の釣行で国内メーカーのリールを使って素早くベールを返すことを試してみたが、これといった良い方法が見つからない。
キャスト後、着水と同時に左手でベールを返し素早くハンドルノブを握る方法、右手の指でベールを返す方法・・・等々。
何度も試してみたが流れるような動作には程遠く、今までの一連の流れに”手でベールを返す”という工程が増えてしまったことがストレスになってしまった。

タックルをカーディナルに変えて釣りを再開する。



c0351369_14324510.jpg


低い弾道で糸フケを作らないようにアップクロスにミノーをキャスト。狙うのは対岸際の流芯。
右手人差し指でフェザリングをしながら着水点までの距離を調整、左手はハンドルノブ付近に固定しロッド先は着水直後にミノーを操作し易い位置にする。
着水と同時にハンドルを回しバチンッとベールを返す。
カーディナルはベール返りがいいからストレスフリーだ。 

素早くミノーに水を噛ませて目的のタナまで潜らせ、ヒラヒラと流れ落ちる鮎をイメージ。
想像していたよりも流芯の流れが速く、ミノーにうまくアクションを付けられなかったが、流芯からアマゴが誘い出されて、ドンッ!! とミノーにアタックしたのが偏光グラス越しに見えた。




c0351369_14325727.jpg




アップでのヒットは最高に楽しい。
ドンッ!!とアマゴの重みが乗った時の喜び、流れに逆らい力強くグングンとロッドを引き込み水面下で激しく抵抗し水飛沫を上げる。
時には流れに乗って凄まじいスピードで下り冷や冷やさせられて、緊張感と心の底から沸いてくる充実感は忘れることができない。
アップの釣りは如何に素早くミノーを泳がせるのかが大切。
そのためには、着水からリーリングまでの一連の動作にロスタイムを作らないことが重要となる。

その後も釣りを続けるが、誘い方が悪いためか 『ギラッ!!』 と一瞬の針掛かりがあってもフッキングに至らず、バレてしまうことが多かった。 
なるべく静かに、魚に気づかれないように心掛けて釣りをするが、状況は好転しなかった。
結局、アップの釣りでアマゴを2尾追加したところで川を変えることにした。



c0351369_14323617.jpg



車を1時間走らせ長良川へ移動。
長良川に来ている兄と合流し、兄に長良らしいアマゴを捕って欲しくてお気に入りのポイントを案内。
夏のような日差しが降り注ぐ長良川本流は、降雨が少ないこともあり渇水状態で厳しい状況。

細くなった瀬をダウンでネチネチと探ってみるがアマゴの反応は皆無。
やはり外敵や危険を察知する能力に長けているアマゴを攻略するには、アプローチと狙い方に細心の注意を払う必要がある。
狙うポイントまで距離をとり釣り人の気配を消す。
ややアップクロス気味に核心ポイント上流にミノーを入れて素早くミノーを立ち上げる。
ラインは必要以上に水に浸けないように心掛けて誘いを掛けると狙ったポイント付近でギラリとアマゴが反転。


c0351369_14330858.jpg



アマゴ狙いでは近頃ご無沙汰の会心の手応え。
アプローチからバイトまでの一連の動作にロスタイムもミスもなく完結。
サイズは20㎝前半だけれど、何より厳しい状況下の長良川本流で心痺れる手応えを味あわせてくれたアマゴは私の記憶に鮮明に残る1尾となり、今回の釣行を締め括ってくれた。



今回釣り歩いた河川は初夏の川になり始めていた。水面下に目を凝らすと、放流された無数のアユが苔を食みキラキラと輝いていた。
川底の石もきれいに磨かれており鮎シーズンは目前。
数日後には鮎師が瀬を陣取り、アマゴ狙いの多くの釣り人は鮎がいない渓へと場所を移す。

ご存知の通り渓での釣りはアップ主体の釣りとなり、猫の額ほどの小さなスポットを1投で打ち抜き素早くミノーを泳がせる必要がある。
キャスト後、一連の動作でもたついているとあっという間にミノーは流され魚に余分な警戒心を与えてしまう。
食わせられる魚も食わせられなくなってしまうのである。 
1尾の魚が警戒心を持つとその周囲にいる魚たちにも警戒心が伝染しているように感じる。
とてもシビアな状況下、シビアな魚を狙いとるためには、ロスタイムや小さなミスをどれだけ減らすことが出来るかが大切だと思う。

これからも国内メーカーのリールを使用する機会が多くある。
着水直後、ベールを手で返す新たな手段を見つけ出すのか、リールに負担が掛かるがハンドルを回して返すのか・・・。
とても悩ましいのである。
良い魚とのチャンスは少ない。今の私が神経のいき届いた釣りをするためには、リールのベールの返し方をどう処理するのか急いで解決しなければならない。 








[PR]

by hanahiro21 | 2015-05-31 22:05 | Fishing (Nagara) | Comments(2)
2015年 04月 26日

目覚めの時

c0351369_19215144.jpg



今年の長良川本流は、長引く雪シロと増水に悩まされた。
長良川に通う多くの釣り人は、お気に入りのポイントで竿を出すことが出来ず、悶々とした週末を過ごされていたことが容易に
想像出来る。

実は私もその内のひとり。
毎日、長良川本流の水位、水色を確認していた。

穏やかな天候となった先週末、他河川で用事を済ませた後、長良川本流を訪れた。
水位は平水より、やや増といった感じ。
水の色は春色なんだけれど、水温が例年に比べ少しだけ低く感じる。


広く長く続く瀬を細かく分割して探っていくと、私が操るミノー後方にアマゴの影。
追い方に俊敏性を感じないが、流れが緩む場所などでフワリと食わせの間を与えるとガップリとミノーを捕える。


ポツポツと数を重ねて行くがサイズが伸びない。

『綺麗なアマゴばかりなんだけれど、バラシも多いしサイズがね・・・。』

贅沢な釣り師はサイズに不満足で写真を撮らず手早くリリース。


c0351369_16544777.jpg


おっ!!
良型のアマゴかと思ったが、今年初のイワナ。
艶々の魚体は、長い冬から目覚めたばかりといった印象。



c0351369_16550735.jpg


やっとカメラを取り出す気持ちになれるアマゴ。
春の定番ポイント、チャラ瀬の中からのヒット。

今日のアマゴたちは長い距離、速い流れの中でミノーを追えない。
追いたいけれど追えないといった印象。
流れが速い場所になると、流れに負けそうになった途端追いを止めるアマゴ、そのまま流されてしまうアマゴが目につく。
流れが緩む場所で誘いを掛けバイトへ導くことを心掛ける。
今日はこれが釣果を伸ばすポイントかな・・・。


流れの中で慎重に撮影を行い、ふと視線を上げると上流と下流に餌師の姿。


仕方がないので、釣り人が少ない下流部へと移動した。
狙いは少しでもコンディションが良いアマゴに変更。
しかし、下流部の重厚な流れを探り続けるのには忍耐が必要だった。
アマゴの気配を感じない時は、ポイントの選択、自分がやっている釣り方が正しいのかどうか悩んでしまい集中力に欠けてしまう。
でも、目の前にはアマゴが好む流れがある。
アマゴが居ると信じ続け、辛抱強く釣りをすることも重要なはず。


下流部3カ所目のポイントでようやくアマゴの影を見つけることが出来た。
淵尻でモヤッとライズを繰り返すアマゴ。

立ち位置とルアーを流すコースを見定めミノーを流すと、

『ガツンッ!!』

と鋭く強い衝撃の後に銀鱗が翻る。
やや弱めにセッティングされているドラグからジリジリとラインが引き出された。


c0351369_16552358.jpg

c0351369_16553846.jpg


理想通りのアマゴじゃない。
サイズは23㎝とやや小振りだけれど、グッとせり上がった背中と幅広の魚体。
角度を変えると薄っすらとパーマークも確認出来る。
ネットイン直後は綺麗なエメラルドグリーンの背中だったが、暫くすると体色が変化していった。
鮮やかなエメラルドグリーンの魚体を撮影出来なかっが、心スッキリする捕り方、コンディションの良いアマゴに心満たされた。


今年の長良川は魚影が薄いのでは・・・?アマゴが小型ばかり・・・。なんて声が聞こえて来る。
たった一度だけの釣行では判断出来ないことが多いのも事実。
今後もジックリと長良川と向き合う必要がある。
可能ならば、体が震えるような美しく逞しい魚に出逢いたいものです。






[PR]

by hanahiro21 | 2015-04-26 21:24 | Fishing (Nagara) | Comments(2)
2015年 03月 08日

春の香り

c0351369_20224609.jpg

先週末は釣りに行かないつもりだっだが、昨年やり残したことと、今だからやりたいことがあって支流へと車を走らせた。

まずは昨年の最終釣行時にミスキャストで木の実と化してしまったハンドメイドミノーの回収。
自作の高枝用ルアー回収機で無事回収。
約半年振りに回収したミノーの状態は予想以上に良く洗浄とコーティングだけで済みそうだ。

昨年のやり残しを済ませた後は、川の観察をしながら釣り上がって行く。


c0351369_20284533.jpg

何層にも重なる雪。
この景色を見るだけでも訪れる価値がある。

釣り場周囲の流れ、景色、空気を楽しみながら時間を消費する。
それら全てが私にとっては大事な釣りの一部なんです。


c0351369_20320062.jpg

時折渓を吹き抜ける風は冬の痛々しさを感じない。
周囲の景色とは裏腹に優しく頬を撫で春を感じさせてくれる。


c0351369_20325606.jpg

渓の周囲には例年以上の積雪。
今年は山がたっぷり保水してくれていそうだ。

長い冬の間に降り積もった雪は気温の上昇とともにジワジワと地中に浸み込み、やがて清水となって地上に湧き出し渓に注ぐ。
やや水量が乏しいこの渓の魚たちにとって、今年は居心地の良い水量、水勢が維持されそうだ。



c0351369_20375565.jpg

例年より水量が豊富な流れの中から艶々に磨かれた春色のアマゴがミノーを捕えた。

c0351369_20401149.jpg

活性が低い中での一尾。
追わせて上手くバイトに持ち込む事が出来た。
この一尾で十分満足。
眩い新緑の時期までそっとしておこう。


c0351369_20452139.jpg

釣りの後は初春の山菜フキノトウを採る。

一昨年より春の渓では流れと魚たち以外に渓の周囲の草木に度々視線が向かってしまう。
草や木の芽を見るたびに食用なのか非食用なのかが脳裏をよぎる。
どうやら完全に草の呪いに掛ってしまったようだ。(笑)

雪を掻き分け一斉に芽吹いたフキノトウを選びながら採取。

夜の食卓には採れたてのフキノトウの天ぷら。
グッと噛みしめると春の訪れを告げる柔らかな苦みが一斉に広がる。
嫁と子供には不評だったが、春の香りを酒とともに味わった。







[PR]

by hanahiro21 | 2015-03-08 21:28 | Fishing (Nagara) | Comments(2)