H's-Style

hanahiro21.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:Other( 20 )


2017年 06月 04日

飛騨高山

c0351369_18390170.jpg

5月の休日。 
私の心を支えてくれている家族とともに飛騨高山へ。


c0351369_18392403.jpg


古い町並みには朝早くから観光客の姿。


c0351369_18391129.jpg


国内外からの観光客が随分増えて賑やかになり、高山の街に笑顔が増えたな・・・と感じるのは私だけだろうか。


c0351369_18394021.jpg

新緑が眩い季節の高山も良いですね。


さて、お昼は・・・。
高山を訪れたら飛騨牛も良いけれど 『ちとせ』 の焼きそばでしょ。


c0351369_19425553.jpg

昭和を色濃く残す佇まい。
オレンジの看板と暖簾も美味しさを物語ってます。

大盛りを頼みたいところですが、食べ歩きが多かったので今回は肉入り焼きそばの並盛。
柔らかめの麺に角のないソースの味がしっかりと染み込んだ素朴な味。

c0351369_19432020.jpg

並盛でもお腹と心を十分満たしてくれます。
どこの街に出掛けても感じるのですが、地元の方に愛されるお店は落ち着きますね。

家族とともに訪れた高山。
財布は緩みっ放しで少々金遣いが荒くなってしまったような気がするけれど、買ったものすべては心を満たしてくれるものばかり。

これからも時間を見つけては、いろいろなところに出掛けて家族との想い出を増やしていこう。
子供の成長ってホント、早いんだから・・・。



[PR]

by hanahiro21 | 2017-06-04 22:14 | Other
2017年 04月 16日

c0351369_18075653.jpg


モノトーンの冬景色から色鮮やかな光景の広がる季節となった。
自宅西側の庭に植えた芝桜が一斉に咲き出した。
白、紫、ピンク色の小さな花が春の柔らかな日差しを受けて光り輝き、家族の心を和ましてくれている。


c0351369_18080609.jpg



昨年の春、親父から株分けしてもらった白の芝桜と、実家近くの物産販売所で驚くほど安価で売られていた紫とピンクの芝桜。
無事に来年の春に咲いて楽しましてくれますようにと気持ちを込めて娘と一緒に植え、カラカラ天気が続くと水やりを行い、定期的に草むしりを行い
ながら育ててきたので思い入れも強い。 
一時は根元が茶色く枯れたような状態になり心配をしたが、力強く可憐に咲き誇る芝桜にホッとした。


c0351369_18082292.jpg



春の柔らかな日差し、草花の淡い色合い、目にも心にも優しい季節は心も晴れやかになり清々しい気分になる。
自宅に引きこもり気味となる冬とは正反対に、心の中を清らかに流れていく春はとても心地が良いから無理矢理でも外に出る理由を作ってしまうのだ。


c0351369_18083297.jpg


自宅のある団地を取り囲む山の桜は散り始め。 
この時期になると桜の淡いピンク、常緑針葉樹の濃い緑、落葉樹の新緑が織りなす光景はとても美しく、毎年この時期になると私の心をグッと掴んで離さない。 
朝と夕方では光量、光の色の違いによって見え方が変化する。
この場所に移り住んで始めて迎えた春に眺めたときと変わらない同じ光景。 
色彩豊かな光景に完全に心を奪われてしまいこの時期、この光景が大好きでたまらない。 

自宅近郊には有名な桜並木やお花見スポットは数多くある。 
しかし、そんな場所は桜以外の誘惑と人混みが気になってしまい素直に心いくまで桜を楽しむことが出来ない。
残像として残るのは桜以外のものであることが多いのだ。

至近距離で楽しむ桜も良いが、私は遠巻きに眺める桜が好きなのかもしれない。


c0351369_18084032.jpg


さて、釣りはと言いますと、私の知人からは水の中の春の訪れが遅いんだよね・・・と聞く。 
同感だ。  確かに今年は例年に比べアマゴたちの目覚めが遅い。反応が良い区間と悪い区間がハッキリしている。
さらに週末毎の天候不順で釣りに出掛けても釣り以外のことに夢中になってしまっている。

昨日から友人たちから心ざわつくメールが飛んで来始めた。
今週末から艶々の春色アマゴを求めて彷徨い生活の始まりだ。





[PR]

by hanahiro21 | 2017-04-16 21:16 | Other | Comments(4)
2017年 03月 13日

Prepare for the fishing.


c0351369_21491396.jpg

穏やかな天候となった日曜日の午後、釣具屋で消耗品を購入。 
高価なロッドやリールにお金をつぎ込むの良いけれど、釣具は魚に近いほど神経を使う必要がある。  そう、針先は常にシャープな状態に。

釣りに出掛けるのはもう少し先になりそうだけれど、準備は抜かりなくしておかないと落ち着かないんだ。
準備は整った。 あとは頭の中をシャープな状態にするだけかな・・・・。





[PR]

by hanahiro21 | 2017-03-13 22:36 | Other | Comments(2)
2017年 02月 12日

February

c0351369_19295213.jpg


すでに2月半ば。
そろそろ釣りネタの時期なんだけれど出張の連続で釣りのことを考える余裕が生まれない。
手帳をめくると2月の半分以上は出張で外泊の連続。 忙しいのは嬉しいことなんだけれど忙しさのあまり ”物忘れ" が激しくなっているような・・・・。

大丈夫かオレ??? 脳内の老化が進んでるのか???

自問自答する日々が続いてる。


c0351369_19294027.jpg


今日は短時間ではあるけれど家内とデート。
ひと足早くバレンタインデーを迎え、娘からは手作りのチョコレートとクッキーを頂き、家内からは眼鏡を頂いた。
元気注入、ありがとう。 今週からの出張・・・頑張れそうです。


暦の上では春ですが、まだまだ寒さ厳しい日が続きます。
皆様、ご自愛下さいませ。


[PR]

by hanahiro21 | 2017-02-12 20:06 | Other | Comments(4)
2017年 01月 09日

お き な わ


c0351369_19380483.jpg

夜のターミナルを出ると心地良い風が顔を撫でた。
沖縄独特の空気と12月とは思えない暖かさにしばらくの間ずっと張り詰めていた気分がフワッとと緩んだ。

仕事では幾くたびか訪れているけれど、プライベートでは初めての沖縄。
人は良くも悪くも経験を重ねるにつれ慣れが伴う。 
異なる郷土や文化に触れて得られる刺激は薄れ、ちょっとやそっとの驚きや発見では動じない神経の図太さを備えるようになり、どこか擦れてしまう
のは避けられないこと。
でも、今回ばかりは家族と一緒だから新鮮な気分となり足取りも軽くなる。


c0351369_11511674.jpg


翌日からは嫁と子供たちのリクエストに応え目的地に向けてレンタカーをあちこち走らせながら定番の観光施設、観光スポットを巡りながら沖縄の
食文化も楽しんで行く。

仕事という足かせが外れると観るもの触れるもの、味わうもの全てが新鮮に感じ行く先々で心が揺さぶられる。

c0351369_11513126.jpg

c0351369_11522528.jpg
c0351369_11525154.jpg


もちろん、沖縄の歴史を少しでも学んで欲しいから荘厳な佇まいを見せる首里城や胸が締め付けれてしまう場所にも足を運んだ。


c0351369_11502442.jpg

c0351369_11530416.jpg
c0351369_11512426.jpg


沖縄の空気を家族とともに満喫するにつれ、ふと思う。
ゆるやかに流れる時間に身を任せながら釣りをしたりカメラを楽しんだり、昼間っからぼんやりと海を眺めながらビールを飲み干したい気分だな・・・・。

まあ、これらは次回の楽しみにしておこう。



c0351369_11501535.jpg

c0351369_11505779.jpg

諸事情により一度諦めかけた家族旅行。
しかし、家族のさらなる哀しみの表情を見るのはとても辛いので後ろめたい気持ちをグッと抑え旅行決行とした。

あっという間に過ぎた充実の4日間。
疲れたにも関わらず旅行の想い出話しで再び笑顔となる。
今回の旅では家族の笑顔でどれだけ癒されたことか。 家族を笑顔にしてくれた沖縄と私の心を支えてくれる家族にはホント感謝。

また家族で旅に出られる日を楽しみにしています。

c0351369_11510928.jpg


****************************************************************************************************

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。

あっという間に2017年がスタートしました。
今年も公私にわたり新たなことにチャレンジして悔いのない1年にしようと思ってます。
何せ人生はあっという間だからおもいっきり楽しまないとね。

さて、来月になると一部河川では解禁となります。
すでに準備万端なアングラーも少なくないと想像します。 私は例年通り3月末から始動予定です。  
2017年も事故や怪我なく、そして沢山の幸福に出会えるシーズンにしましょう。

H.HANADA


*****************************************************************************************************


[PR]

by hanahiro21 | 2017-01-09 17:29 | Other | Comments(2)
2016年 10月 23日

Fast food  ~Banh Mi~

c0351369_16565310.jpg


砂埃が舞う路上で初めて買った 『バインミー』
とても美味しいと噂で聞いていたが、実際に食べてみると期待を裏切る美味さに思わず頬が緩んだ。
今ではバインミーの虜になってしまいベトナム滞在中の朝食はバインミーと決めている。

バインミーとは小さなバケット (フランスパン) に具を挟んだサンドイッチでベトナムの代表的な国民食のひとつ。
バケットの外はカリッとしていて中はもっちり、食感は米粉が入っているから軽い口当たりが特徴。
バケットに挟む具材は野菜、肉類、ハーブが基本となり、挟み込む具材、味付けは屋台ごとに拘りがあるので食べ比べをしてみるのも楽しいし、
自分好みの具材を選んでバインミーをオーダー出来るのはとても魅力的で楽しいひと時となる。


c0351369_17341354.jpg


今朝もいつもと同じ屋台で、いつものオバちゃんにいつものように私だけのスペシャルなバインミーを作ってもらう。
私の顔を見たオバちゃんがニコッと笑みを作ったあと、山積みされたバケットに手際よく切れ目を入れて大根と人参のなます、きゅうり、目玉焼き、
チャーシュー、肉団子を挟み、味のアクセントとして塩胡椒、唐辛子とヌックマムをサッサッとかける。 そして最後にパクチーを挟んで完成。 
私の好みをようやく覚えてもらったから手際も良く、完成までのスピードも速い。
値段は日本円で1個約50円。
日本ではありえない値段。 アジアの屋台は相変わらず私の心をグッと掴んで離さない。 


客足は途絶えることなく、次々と人がやってきてバインミーを購入していく。
ゆっくり写真を撮りたいんだけれど、上手く撮影が出来ないし作り立てのバインミーを早く食べたいのでいそいそと事務所に戻る。


c0351369_17072704.jpg

逸る気持ちを抑え、呼吸を整えてバインミーをガブリと頬張る。 
う~~~ん!! 美味いね~、ホント安定した美味さだよ。 今日もパクチーが良いアクセントになっている。
甘ったるいベトナムのインスタントコーヒーとの相性も抜群じゃないの!!


バインミーはフランス統治の時代が続いたベトナムの歴史を物語り、ヨーロッパとアジアが見事に融合した食べ物。
この味はベトナム独特のノンビリした空気、ローカル臭が漂う屋台ではないと味わえない。
日本に帰国後、なぜか休日になるたびにバインミーが無性に食べたくなってしまうから困ったものだ。







[PR]

by hanahiro21 | 2016-10-23 20:25 | Other | Comments(2)
2016年 07月 28日

Rush

c0351369_21072457.jpg


6月から新しい職場での勤務が始まった。
5月までは自宅から会社の玄関まで車横付けの出勤だったが、6月からは毎朝満員電車に揺られながら出勤をしている。
混雑が大の苦手な私がギュウギュウ詰めの電車で通勤??
ムリでしょ? ありえないでしょ・・・、 何て思っていたけれど、いざ覚悟を決めて “エイヤッ!!” と乗り込んでみると想像していた苦痛を感じることは
少なかった。  これは取り越し苦労ってやつだね・・・。
今では通勤時間を語学の勉強時間に充てているので、少々電車が混んでいても苦になることはない。

40過ぎてからの転職。 毎日毎日、朝から晩までインプット、アウトプットの繰り返しで脳内は常に高速回転中。
頭の中には処理待ちの情報が溢れ大渋滞を起こしている状態だけれど、最近ようやく点と点が繋がり始め渋滞は少しづつ解消し始めた。
新たな環境下で新たな業界の空気に触れることはとても楽しい。 仕事を楽しいと感じられるのはホントにシアワセなことだと思う。 
こうなったら、思いっきり楽しんででやろうじゃないか。辛いことも面倒なこともすべて・・・。

さて、釣りはというと、何度か川に立ってみたものの単独釣行時は集中力散漫となることが多くて釣りを楽しむことが出来ていない。
ようやく精神的に余裕が生まれて来たから、そろそろこちらもトコトン楽しんでみよう。
だって、月日はアッという間に経過してしまうのだから・・・。


c0351369_22071564.jpeg


[PR]

by hanahiro21 | 2016-07-28 22:08 | Other | Comments(4)
2016年 04月 19日

春を愉しむ

c0351369_17201810.jpg



先週末は娘とコゴミ採りに出掛けた。
春はフキノトウ、土筆、カンゾウ、ウルイ、ワラビ、コゴミ、コシアブラ、タラの芽など数多くの山菜が楽しめる季節。
野山で摘んだ山菜を天ぷらでカラッとあげて、熱々をサクッと食べると口の中は春爛漫になる。
残った天ぷらは翌日うどんや蕎麦に入れても美味しいのだ。

 

c0351369_17210593.jpg


我が家ではコゴミが大人気。
調理方法は天ぷらよりもシャキシャキッとした食感が楽しめるお浸しが我が家の定番。 

娘は初めてのコゴミ採りに夢中。微笑ましい姿に心温まる。
葉が開き旬が過ぎてしまったコゴミもあったが、2箇所のコゴミ畑で知人宅と我が家分を採取。

山菜を採り終えたあとは河原で遊び、枝垂れ桜や新緑が息吹き始めた野山の撮影を一緒に楽しんだ。



c0351369_17204028.jpg


夜の食卓にはコゴミのお浸しと天ぷら。 
お浸しの量がやや多くて食べ切れるのか心配になったが、瞬く間に完食してしまった。


先週は心痛める出来事が続き週末に外に出掛ける気分にはならなかったが、そんな私の姿を見た娘が気分転換を兼ねて春の野山に
出掛けようと誘ってくれた。

昼間は山菜採りを楽しみ、河原で遊び笑い合う。 
車の中では学校生活の話やたわいもない話を楽しむ。
夜はその日楽しかったこと、嬉しかったこと、感じたことを話し家族の会話が弾んだ。

ガスが抜けた風船のように気持ちが萎えていた私にそっと手を差し伸べてくれた娘。
ホント感謝である。 
お蔭様で楽しい休日を過ごすことが出来ましたよ。 

ありがとう。


[PR]

by hanahiro21 | 2016-04-19 20:29 | Other | Comments(2)
2016年 03月 02日

変 化

c0351369_10582940.jpg




2年連続でインフルエンザに感染してしまった。
薬局で処方された薬の多さには今年も面食らってしまったが、何よりも2年連続でインフルエンザに感染してしまったことには動揺を隠せない。
昨年の感染以来、基礎体力の向上、身体のケアには気を配って来たつもりであったが、年齢とともに変化する身体の状態を把握出来ていなかった
ということなんだ。
自分の身体、ライフスタイルをもう一度見つめ直し、身体の細胞一つ一つを活性化させないとね。

2016年は公私にわたり環境が大きく変化する。
新しい環境や状況に対応するためには、エネルギーが必要となり、様々な苦労が待ち受けている。
出来ない、やらない理由を述べるのではなく、新しい流れを受け入れ、それに対応出来る大人にならなければならない。

未来は予想以上に早くやってくる。
変化を恐れず、いつまでも諦めずに目標とビジョンを持って道を歩き続けよう。



[PR]

by hanahiro21 | 2016-03-02 13:12 | Other | Comments(4)
2016年 02月 03日

SOUL FOOD

c0351369_20215887.jpg


アジアの国々へ出掛けると、路上に店を構える屋台や間口の狭い小さな食堂を見かける。
私はアジアの国々に出張した際、現地の友人、現地スタッフやドライバーのお勧めの食堂に必ず連れて行ってもらう。

『 貴方のお気に入りの食堂に連れていってよ・・・。 』

と、問いかけると彼らは”キョトン”とした表情を一瞬浮かべるが、私の気持ちが伝わると
” 任せな、イイ店があるんだよ。 ”
と言わんばかりにキリッとした表情に変わる。

屋台や食堂に足を一歩踏み入れるとそこには観光客の姿は皆無で、雑多な感じと食欲を強く刺激する香りに気分が高揚する。
私は高級レストランよりも地元市民の胃袋を支えている屋台や食堂に心を惹かれてしまう。



c0351369_20220604.jpg


地元の人たちと肩を並べて食べる料理は雰囲気も手伝って、ついつい食べ過ぎてしまう。
アジアの国々の屋台や食堂は、値段の割に期待を裏切らない味と提供の早さにお腹も心も満腹感を得ることが出来る。
『安い』 『早い』 『美味い』  アジアの国々にはこの3大ポイントを満たす屋台や食堂がたくさんあるから悩ましい。



c0351369_20331664.jpg


日本人が訪れることのない小さな食堂では、その地域の郷土料理やその食堂独自の味付けを楽しむことが出来る。
食堂に入ると、やや興奮状態であれやこれやと料理を勧められ、たまたま食堂に居合わせた地元の方が食べ方を熱心に教えてくれるから嬉しくてたまらない。
時には口に合わない料理や味付けもあるが、そんな料理も数回食べると美味しく食べられるようになる。



c0351369_20324430.jpg



中国や台湾で広く大衆に愛されている麺料理の代表格 『牛肉麺』。
柔らかく煮込まれた牛肉の味付けや使用する部位、スープの出汁と味、麺の種類も豊富で安さの割にとても奥が深く、日本のラーメン道に匹敵する麺料理。
お店によって味は様々。度々現地スタッフとドライバーの間で、『 あのお店の牛肉麺は美味い 』 『 いや、そこよりもここが美味しいでしょ 』 なんて会話が
毎回繰り返される。
この牛肉麺の値段は安いところならば、1杯約180円から食べられる。
中国と台湾に出掛けた際に必ず食べる牛肉麺は、日本人の口にも合うのでこれは食べる価値ありだと思う。





c0351369_20223544.jpg


最近知ったことなのだが、牛肉麺には汁なしの ”炒め牛肉麺" もあるようだ。
炒めたての熱々の麺にラー油をかけてピリッとした辛みを足すとビールがグイグイと進んでしまう。
これもまた病み付きの美味さだ。


40過ぎて、異国の地で食べるもの全てが美味しい。
満腹中枢が麻痺し、ついつい食べ過ぎ飲み過ぎてしまう。
悪習慣をやらかしている??? 
だから痩せらない?
だから腰痛再発?

若いときとは違う体質とリズム。
そろそろ自分の身体と真剣に向き合う時期なんだけれど、アジアの屋台と食堂には心が緩みっ放しになってしまうから困ったものだ。





[PR]

by hanahiro21 | 2016-02-03 22:39 | Other | Comments(6)