H's-Style

hanahiro21.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 10月 29日

Trend

c0351369_20181997.jpg

Ambassadeur 2500C

馴染の釣具店オーナーの話では、2500Cをチューニングしてトラウトに使うアングラーが増えているそうだ。
そもそも2500C は軽量ルアーが投げやすい機種ではあるが、カスタムパーツを組み込み、簡単なチューニングを施すだけでバルサミノーもスイスイと
投げられるようになるらしい。

流行にのっかるのはプライドが許さないけれど、釣具店オーナーの話ではスピニングタックルとはひと味もふた味も違った釣りが楽しめるらしく、トラウト
フィッシングに新たな刺激を欲している?ワタシにオススメらしい。
本当に楽しいの・・・??  なんて疑ってしまったが、オーナーに教えてもらった釣り動画を見ると、たちまち画面を食い入るように見つめてしまった。
無駄がなく手際が良い釣り・・・これは是非チャレンジしてみたいね。 久し振りに気持ちが高揚し動画が頭の中で何度も繰り返された。

今回ばかりは流行にのっかてみよう。


c0351369_20191181.jpg

オーナーから教えてもらったカスタムパーツがようやく届いた。
早速チューニング作業を進めたいところだが、約10年間 1度も使用していなかったので、まずは分解、洗浄。
古くなったグリスとオイルがこびりついた各部品をパーツクリーナーで念入りに洗浄した後、ギアにはグリス、シャフトとベアリングにはオイルを注入。
そして、組み立て作業と同時にカスタムパーツを組み込み、オーナーから教えてもらったお手軽チューニングを施して完成。

シンプルな構造だからメンテナンスからチューニングまで約2時間で完了。
リール内部にカスタムパーツを組み込んでいるから外観はほとんど変わらない。
これは嬉しい。。。。 外観を大きく変えてしまうのは私の美学に反するのだ。

さて、スプールの回転具合はというとオリジナルの時よりは数段に良くなったが、動画で見たいつまでも回り続ける軽やかな回転にはならなかった。
原因はわかっているから、そこのところのチューニングは次回。


長年ボックスの中で眠り続けてきた2500Cが再び陽の目を見る日が来るとは予想もしていなかった。
来年はこのリールとともに渓を歩いてみよう。



[PR]

by hanahiro21 | 2017-10-29 13:26 | Fishing gear | Comments(4)
Commented by 山猿 at 2017-10-30 06:38 x
チューニングしてどんな感じになるのか?
楽しみが増えましたね。
しかし、私がやったら元に戻らないと思います(汗)
凄いですね。
Commented by hanahiro21 at 2017-10-30 12:32
山猿さん
こんにちは。
チューニングはまだ完了ではないのですが、今から楽しみです。
リールの分解洗浄ですが、分解過程をスマホなどで撮影しながら作業を進めると間違いは起こり難く
なりますよ。
ただし、私は国産リールだけは自分でオーバーホールはしません。日本のリールは複雑過ぎます。
元に戻せずメーカー送りになったことがあります。
Commented by ルアーマンAT at 2017-11-18 13:08 x
おやっ よく見るとアベイルスプール入ってますね! 深みにはまるかも(笑)

それはそうと、お久しぶりです!
気が付いたらもう11月ですね、自分は転勤になった都合で一宮駅経由してますが、
もしかしてはなひろさんも通ってます? こんど集合しましょう!
Commented by hanahiro21 at 2017-11-19 11:09
ルアーマンATさん
お久しぶりです。
もう深みにはまってますよ。今後、実釣で使うことはないだろうと思ってたので、アベイルさんには感謝です。
でも、まだチューニングの途中で実戦投入出来る状態ではないです。

出勤地が変わったのですね。新たな出勤地はどちらでしょうか?
一宮は通り道です。アンバサダーのチューニングについて色々と教えて下さい‼︎


<< リップ修理      Continued >>