H's-Style

hanahiro21.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 04月 16日

c0351369_18075653.jpg


モノトーンの冬景色から色鮮やかな光景の広がる季節となった。
自宅西側の庭に植えた芝桜が一斉に咲き出した。
白、紫、ピンク色の小さな花が春の柔らかな日差しを受けて光り輝き、家族の心を和ましてくれている。


c0351369_18080609.jpg



昨年の春、親父から株分けしてもらった白の芝桜と、実家近くの物産販売所で驚くほど安価で売られていた紫とピンクの芝桜。
無事に来年の春に咲いて楽しましてくれますようにと気持ちを込めて娘と一緒に植え、カラカラ天気が続くと水やりを行い、定期的に草むしりを行い
ながら育ててきたので思い入れも強い。 
一時は根元が茶色く枯れたような状態になり心配をしたが、力強く可憐に咲き誇る芝桜にホッとした。


c0351369_18082292.jpg



春の柔らかな日差し、草花の淡い色合い、目にも心にも優しい季節は心も晴れやかになり清々しい気分になる。
自宅に引きこもり気味となる冬とは正反対に、心の中を清らかに流れていく春はとても心地が良いから無理矢理でも外に出る理由を作ってしまうのだ。


c0351369_18083297.jpg


自宅のある団地を取り囲む山の桜は散り始め。 
この時期になると桜の淡いピンク、常緑針葉樹の濃い緑、落葉樹の新緑が織りなす光景はとても美しく、毎年この時期になると私の心をグッと掴んで離さない。 
朝と夕方では光量、光の色の違いによって見え方が変化する。
この場所に移り住んで始めて迎えた春に眺めたときと変わらない同じ光景。 
色彩豊かな光景に完全に心を奪われてしまいこの時期、この光景が大好きでたまらない。 

自宅近郊には有名な桜並木やお花見スポットは数多くある。 
しかし、そんな場所は桜以外の誘惑と人混みが気になってしまい素直に心いくまで桜を楽しむことが出来ない。
残像として残るのは桜以外のものであることが多いのだ。

至近距離で楽しむ桜も良いが、私は遠巻きに眺める桜が好きなのかもしれない。


c0351369_18084032.jpg


さて、釣りはと言いますと、私の知人からは水の中の春の訪れが遅いんだよね・・・と聞く。 
同感だ。  確かに今年は例年に比べアマゴたちの目覚めが遅い。反応が良い区間と悪い区間がハッキリしている。
さらに週末毎の天候不順で釣りに出掛けても釣り以外のことに夢中になってしまっている。

昨日から友人たちから心ざわつくメールが飛んで来始めた。
今週末から艶々の春色アマゴを求めて彷徨い生活の始まりだ。





[PR]

by hanahiro21 | 2017-04-16 21:16 | Other | Comments(4)
Commented by 山猿 at 2017-04-17 09:21 x
いよいよ魚達も動き始めましたね。
心踊る季節になって来ました。
芝桜綺麗です。
写真から気持ちが伝わってきました。
四季がある日本は良いですね。
Commented by hanahiro21 at 2017-04-18 22:02
山猿さん
いつもコメントありがとうございます。
彩りの季節を迎え人間も魚たちも心浮つく季節の到来です。笑
四季のある日本。
四季の移ろいを五感を持って楽しめるのはホント幸せなことです。
目一杯楽しまないと損ですよ。
Commented by アホヤネン at 2017-04-26 22:44 x
花を愛でる気持ちがあれば
心は健全(^^;;

悩める時には
中村天風を知りたまえ^ ^
Commented by hanahiro21 at 2017-04-27 12:38
アホヤネン (兄やん)
ひと昔は草花にはまったく興味がありませんでしたが、釣りを楽しむようになってから興味を持つようになりました。
周囲に彩りがあると心安らぎます。

兄やん、アンジェリーナにお花をプレゼントしてみたら。笑


<< 2017  G・W      サクラ咲く頃 >>