H's-Style

hanahiro21.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 08月 24日

秋へ・・・


c0351369_21534395.jpg


今回はいつもの里川で、今シーズン一度も釣り歩いていない区間に入りアマゴの姿を探す。

開始早々に秋の気配を僅かに感じるアマゴをネットに収める。
夏アマゴのように鋭く光り輝く魚体に見えるけれど、まじまじと見つめると鱗はギュッと引き締まり、渋みを増した魚体は鈍い輝きを放っている。

すでに秋への準備が始まっているようだ。


c0351369_22012298.jpg


夏の日差しが降り注がない区間なので、光量不足により撮影には苦労する。
カメラの設定をイジクリながら、何枚も何枚もシャッターを切ってみるけれど、納得の1枚には程遠い。
でも、写真で上手く切り取れなくても、朝一からこの里川らしいアマゴを狙い通りに獲れたことには大変満足なのだ。

いつもならば2、3回ほど流して次のポイントに移るのだけれど、目の前にある落ち込みから続く流れと深みが気になり離れることが出来なかった。
夏のアマゴならばすぐに反応を示し姿を捕えることが出来るが、なぜか今日は姿を見せない。
その異様な静けさは夏の日差しのようにメラメラと私の心に火をつけてしまうのだ。
呼吸と心を落ち着かせた後、キャストを繰り返す。 レンジを変え、アクションを変え、トレース角度を変え執拗に攻めてようやくヒットへと導いた。 

してやったりだよ。。。。


c0351369_22071611.jpg


前日の夕立で短時間ではあるが増水した里川。
明日はウハウハな釣行になるぞ・・・とウキウキしながら車を走らせたのだけれど、増水した時間は僅かで私が訪れた時間になると平水よりやや減
という状況になっていた。

今日は厳しい釣りになるかも・・・。
朝一から不安を感じたが、ここぞというポイントにはアマゴの姿。 いつもは見逃しがちな小さなポイントにもアマゴの姿。
相変らず不用意なアプローチで魚に走られたり、バラシ、掛け損ないを連発し肩をガックリと落としてしまうけれど、予想以上にアマゴの姿を見ることが
出来ただけでも収穫ありの釣行となる。


c0351369_22101894.jpg


小石が敷き詰められた瀬の中から勢いよく飛び出したアマゴ。 チェイスのスピード、切り返しの速さは夏を強く感じさせてくれた。
小さくても迫力を感じるアマゴは渋みが出始め、秋への準備が始まっている。


今日は遅くても10時には川を上がらなければならない。 帰宅時間が迫ってくる。
焦りを感じながらもアマゴの姿を探し続ける。

遡行するにつれて川は左右に蛇行を繰り返す。 か細い流れや夏の日差しが容赦なく降り注ぐ場所は軽く探りを入れる程度にして足早に去っていく。
そして、日陰の区間に突入すると丁寧にジックリと攻めてみる。
しかし、陽が高くなってきた影響なのか、20㎝を超えるアマゴは影を潜め、子アマゴが異常なほど元気になる。
なるべく擦れさせないようにサッとミノーの回収を試みるが、急激な動きが彼らのスイッチを入れてしまうようでミノーにアタックを繰り返す。

『 ちょっと・・・、君たち面倒くさいよ。 来年オジサンと遊ぼうな 』 と、手早くリリースをする。

緩やかに左カーブを描いた流れ。 山から細い流れ込みがあり、流れの上には倒木から伸びる枝。

『 ここは絶対居るでしょ・・・。 』

魚を掛けた後の一連の流れをイメージした後、ミノーを静かにポトリと落とす。 素早くリップに水を噛ませて明滅を繰り返すと黒い影が狂ったように
ミノーをチェイス。

『 これは頂きだ!!! 』

トゥイッチのリズムを変えてミノーのバランスをわざと崩すと反転しながらミノーを引っ手繰った。

アマゴとは思えないスピードと黒い影に ” 外国のお方 ?? " なんて脳裏をよぎったが、興味をそそられるアマゴがネットに横たわった。



c0351369_20460190.jpg

c0351369_20461245.jpg

初めて見るパーの形だ。 パーマークというよりもマダラ模様が全体的に強く出ている印象を与える。

c0351369_20462673.jpg


堂々とした風格、デカい頭と大きなヒレ、薄っすらと婚姻色を纏った魚体を奇麗に撮影したくて光が降り注ぐ場所に急いで移動して撮影を重ねる。
どの角度から見ても完璧なアマゴではないですか。 ねっ?? 笑
尺を超えるサイズではないけれど、今シーズンにキャッチしたアマゴの中でベスト3に間違いなく入る。
ホント、良いアマゴに出逢えて幸せな気分だよ。 ジワジワと嬉しさが溢れ出してくる。

でも、この時期に秋色のアマゴが居ることに少々の違和感を感じてしまう。
ふと空を見上げると夏雲の遥か上空に秋の雲が流れていた。
今年は秋の訪れが早いのかな・・・などと、たわいないことを考えながら川を上がり車へと急いだ。







[PR]

by hanahiro21 | 2016-08-24 21:48 | Fishing (Other) | Comments(2)
Commented by 山猿 at 2016-08-26 17:32 x
さすがですね。
私は一回流して出てこなかったら、やる気がないと思い諦めてしまいます。
してやったりですね。

見事な写真です。ほんのりピンクの魚体が上手く撮れてますね。
秋を感じました。
Commented by hanahiro21 at 2016-08-27 17:39
山猿さん
こんにちは。 今回は私にしては珍しくアマゴの反応がないのが気持ち悪くて粘ってみました。
良い結果に繋がったので集中力が増し良いアマゴに出逢うことが出来ました。
写真はどうでしょう・・・50枚くらいは撮影しました。 もちろんアマゴのコンディションを考え
水通しの良いプールを作ってうえでの撮影です。カメラの設定をいろいろと変えて撮影しましたが
半数以上は駄作です(笑) 


<< 遊び心      Shad >>