H's-Style

hanahiro21.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 04月 21日

シングルフックで遊ぶ

c0351369_19251581.jpg


期末後の面倒な仕事が一通り片付いたので今日は有給を頂いた。
子供たちを学校に送り出したあと、釣り具をいそいそと車に積み込み出発。

まずは、長良川支流から釣り開始。
今日はシングルフック仕様のミノーで釣りを楽しむ。
水位は平水、水温は11度。 日曜日の増水で息を吹き返した流れには、数日前に放流された稚鮎の群れや小魚の姿があり、川面には小さな
虫たちが舞い生命感が溢れている。
この状況ならば浅い瀬や速い流れにもアマゴが入っているに違いない。
目の前に広がる流れに色々な角度からミノーを通す。
アップやアップクロスでバイトを得られなくても、クロスからダウン気味に通すとアマゴが勢いよくチェイスをしてミノーを捕える。

本日一尾目のアマゴをネットに収める。


c0351369_19253057.jpg


やや浅い瀬の開きにある岩陰から素早い動きでミノーを急襲。
春の里川はスリリングな釣りが出来るからとても楽しい。  この時期らしい傷一つない魚体に満足。


c0351369_19252221.jpg


アマゴの反応は予想以上に良くてフックに掛からないバイトもあるけれど、流れが効いている場所には必ずアマゴの姿。
透明度の高い流れ、チェイスからバイトまで目視できるからアレコレといろいろなことを試しながら釣り歩く。

c0351369_19253933.jpg


眩しく光り輝く体に散りばめられた朱点が際立って美しい。

c0351369_19255111.jpg



長い瀬ではアマゴのヒットが続く。
いい感じで光が降り注ぎアマゴを奇麗に照らしてくれるから写真撮影にも力が入る。

今回はシングルフックのバーブ有りと無しの両方を使ってみたけれど、しっかりと深く掛かってしまえば、バーブ無しでもバラシは少ない。
但し、ランディングにモタモタしているとバーブ無しのシングルフックはポロリと外れてしまうことがある。
現在、各メーカーより販売されているミノーに装着されているフックはトリプルのバーブ付きが多い。
シングルに比べフッキング率も向上し魚をキャッチできる確率はグンと上がる。
しかし、リリース前提で釣りをしているとトリプルフックが魚の目や体などの口以外のところに刺さり、バーブによって傷付いた魚をリリース
できないケースがある。
トリプルバーブ付きはキャッチ率を上げてくれる反面、魚たちへのダメージが大きい。 
ならば、すべてのミノーのフックをシングルに変えてしまえば良いと思うけれど、最近のミノーはフックの重さやサイズも含め緻密に計算されて
いるものが多くてトリプルからシングルフックに交換すると本来の泳ぎでなくなったり、バランスを崩したりなど弊害を及ぼす。

一時期、使用頻度が高いミノーのフックをトリプルフックのバーブレスに変えたことがあったが、残念ながらそのメーカーのフックは折れやすく
強度がイマイチで私の気持ちを満たすものではなかった。
現在も釣具屋に行く度にトリプルのバーブレスを気にはしてみるけれど、なかなか良いフックは見つからない。


c0351369_19260207.jpg


午後からは今年初めて長良川本流でアマゴを狙う。
やや風が強いのが気になるけれど、水況は最高な状態に見えてどの流れからでもアマゴが釣れそうな雰囲気だ。

しかし、午前中に釣りをした支流とは違い毎日多くの釣り人の気配を感じているアマゴたちの反応はシビア。
すぐにでもアマゴがヒットしそうな強く太い流れの中で彼らは沈黙を続けているように感じた。

『 おそらく流れの中では、私が操るミノーに一瞬は反応しているんだろうな~ 』
などと、つぶやいてみる。
こんな雰囲気も悪くない。俄然ヤル気がわいてきた。

午前に釣りをした支流ではアマゴのチェイスを確認しながら釣りを楽しめたけれど、長良川本流ではブラインドの釣りとなる。
アマゴが定位していそうなポイント、ルアーのトレースコース、レンジをあらかじめイメージしてからミノーをキャストしてアマゴを誘い出す。
支流よりも強い流れにミノーを馴染ませるのに苦労したけれど、一つ下の層(流れ)にミノーが入るとバイトがポツポツと続いた。


c0351369_19261197.jpg


本日最長のアマゴ。
瀬の開きから ”ドスンッ” とイメージ通りにミノーを引っ手繰ってくれた。
強い流れの中でシングルフックでのファイト。 流れを味方につけた強く重い引きにバレやしないかと冷や冷やしたけれど、アマゴとの呼吸を合わせて
無事ランディング。
こんな胸を衝く出方をしてくれると本流の釣りに病み付きになってしまいそうだから恐ろしい・・・。


c0351369_19262827.jpg



フッキングの状態を確認すると深くしっかりと掛かっていた。 出血しているものの、トリプルに比べアマゴへのダメージは少ない。
アマゴを手に取るとズシリと重く、よく肥えた長良川らしいアマゴ。
イメージ通りの出方と理想的なフッキングで良いアマゴを捕ることができた。

下流から吹き上げる風がより一層強くなってきたところで予定の時間よりも早めに切り上げた。

さて、今回の釣行でトリプルフック仕様のミノーを幾つかシングルフックに交換してテストをしてみたが、どれも本来の動きではなくなり残念な結果
であった。
動きを改善するためにはシングルフックにウエイトを巻き付ける方法、満足できるトリプルのバーブレスを探し出すなど幾つかの方法が思い浮かぶ。
これから試行錯誤を繰り返しながら魚たちに負担が少ないフックシステムを考えていこうと思う。




[PR]

by hanahiro21 | 2016-04-21 21:30 | Fishing (Nagara) | Comments(4)
Commented by 山猿 at 2016-04-22 15:01 x
素晴らしいアマゴたちです。
最後のアマゴはズッシリ感が伝わってきます。
シングルフックかトリプルか?
意見が別れますが、魚へのダメージは
明らかにシングルの方がないですね。
Commented by tadapy at 2016-04-23 15:05 x
はなひろさん、こんにちは。

娘さんとの山歩き、そして釣行と春本番ですね!
素敵な時間が流れてますね。
あっという間に初夏になりそうだ気配な気がします。

ルアーフックはよくわかりませんが、私も渓で一度投げて
見ようかと・・・実は思ったりしてます(汗)
Commented by hanahiro21 at 2016-04-23 18:31
山猿さん 
ありがとうございます。今回は春らしいアマゴがたくさん挨拶をしてくれました。
高活性な日にたまたま当たったので運が良かっただけですね(笑)

シングルかトリプル・・・これはすぐに解決が出来ないと思っています。
なるべく魚へのダメージを少なくしたいので、バーブレスを使っていきたいのですがトリプル自体バーブレスが
少ないので選択肢が少ないんです。
Commented by hanahiro21 at 2016-04-23 18:37
tadapyさん
仰る通り春本番です。野山に川にと忙しい季節となりました。
今日もコゴミ採りに行って来ました。(^^)
こちらの河川では、すでに稚鮎が放流されています。 稚鮎が放流されるとアマゴの活性も上がるので
ルアーが楽しい季節となります。
今シーズン一度でも良いのでルアーにチャレンジしてみては???
バイトの瞬間はビリビリと痺れますよ・・・・(笑)


<< ショートレングス      春を愉しむ >>